2007年 最後のAVイベント  THX 認定 モデル!T シリーズお披露目

2007 最後のAVイベントは・・

世界で 液晶ディスプレイ初の THX 認定 モデル!T シリーズ

 new SHARP  AQUOS   LV-65TH1  

メーカー希望小売価格¥1,417.500 (受注生産モデル)

12/22(土)、12/23(   当店ホームシアタールームにて
    /             \  
Merry Christmas゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆ 


   好評につき本日 (24日)まで延長してフリー視聴して頂きます。   終了いたしました。

 

 


サウンドマック当店は AQUOS T シリーズの特別認定店に指名されました。

50 項目のTHX 基準をクリアしないと受けられないTHX 認定を初めて受けた液晶ディスプレイ。

最高スペックのRシリーズのパネルをベースにしながら、
THX 基準を満たす映画に最適な色温度、白レベルなどに設定するため、パネルをも改良し、設定も変えている特別仕様です。
Rシリーズよりも敢えて下げているスペックもあるようです。

「KURO」 PDP-6010HD を 今秋お求め頂いた方も LV-65TH1でハリウッド映画を中心に観て、最後まで唸っておられました。 

 

カタログにも記載されていない、プレス発表もされていない
本当は極秘の情報として・・・

THX社サイドでは、

THX社が基準としている50項目のなかでも画質においては部屋を暗くして観た時の液晶特有の「黒浮き」と、もうひとつ「白レベルの均一化」に非常に厳格です。


THX社認定基準に達するためには、

映像の上下の黒帯など、
0.2cd (カンデラ)まで再現できていない液晶の「」をPansonicビエラようにランプに可変制御という手法を取らずに、どう克服していくかという点、
そしてこれもコントラストを求めた際の液晶特有である白飛びをどうして抑えるかという問題です。


白レベルを 画面全体に均一にするため SHARP  AQUOSの最上級Rシリーズのパネルを全面改良し、
ディスプレイの 9箇所でバックライトの指向性を拡大させています。
(過去聞いたことも見たこともない徹底さと滑らかさです。)

尚且、

色温度を「太陽光基準白」D6500度で暗部から明部までコントロールし、
さらに白レベルのピーク画面輝度を450cdから350cdへシフト、
そしてガンマ値を2.2に上げて、相反する白レベル、黒レベルの両方を
THX基準に満たすために大胆なバージョン変更を行なっているのです。


T シリーズは、

もちろん映画を観るためのTHXモードだけでなく、リモコンでTHXモードからスタンダードモードに戻し、普段のTV番組を観て頂ければ、他のシリーズには無いほど滑らかな画面で目が疲れず非常にきれいなディスプレイとなっています。

 

SHARP関連ブログ