超高音質SACD発売

ティアック エソテリック カンパニーは同ブランド20周年記念の一環として「会心のデジタルマスターを最高鮮度でSACD化」と銘うち「サー・コリン・デイヴィス」指揮、「バイエルン放送交響楽団」演奏、「ベートーヴェン:序曲集」をSACDハイブリッド盤で9月10日に発売します。

*品番:TDGD-90013
*価格:¥3.300(税込)
*レーベル:ソニークラシカル
*ジャンル:管弦楽曲


収録曲
1「アテネの廃墟」序曲Op.113
2序曲「コリオラン」Op.62
3「レオノーレ」序曲第1番Op.138
4「プロメテウスの創造物」序曲Op.43
5「エグモント」序曲Op.84
6「レオノーレ」序曲第3番Op.72b
7「フィデリオ」序曲Op.72b

リマスタリング監修 菅野沖彦氏
リマスタリングエンジニア 内藤哲也氏(ソニー乃木坂スタジオ)
企画・プロデュース 大間知基彰氏(ティアックエソテリックカンパニー)

本アルバムは1985年サー・コリン・デイヴィスにとって同オーケストラとのソニーレーベル初の録音で発売当時非常に高い評価を得ているそうです。

今回のリマスタリングを監修した菅野沖彦氏いわく「コリオラン序曲」のたった14小節の緊張に満ちた簡素な序奏部は、私のシステム調整にとって欠かせない28秒なのだ!そうです。

なお、本アルバムはティアックエソテリックカンパニーの独占販売で、主にオーディオ販売店にて発売。
当店にも販売用が入荷予定ですが枚数が限られますのでご予約はお早めに。


ESOTERIC名盤復刻シリーズ・ブログ