アナログレコードプレーヤー良いですよ

ティアック エソテリック カンパニーが輸入販売するアメリカVPI社のアナログレコードプレーヤー「VPI Aries Scout」¥367.500(税込)のデモ機を試聴する機会がありました。

 


 

見た目には決して豪華とは言い難い製品ですが随所に独自の設計思想と技術が投入されているようです。

まず、トーンアームのベアリング摩擦はトーンアームの感度やトレーシング能力に大きな影響を与える為、
アームをピンポイント・スパイクで支持するユニ・ピボット・ベアリング方式を採用。(う~ん凡人にはよう分らん技術ですね)
これによりベアリング摩擦を事実上ゼロにする事が可能だそうです。

 


 

写真をクリックして拡大してみて下さい。右の先が黒くなっている部分がアームを支持する鋭利なスパイクです。

12極シンクロナスモーター部は別筐体になっており、35mm厚のアクリル製ターンテーブルをベルトにてドライブします。

シャーシ部はMDFとスチールの2層構造で剛性も充分です。

アンチスケーティング機構は採用せず(音質に好ましくないとの考えだそうです)ツイスト状のトーンアームケーブルは適度な弾性があり、僅かな力でアームを外側に押し出す設計でアンチスケーティング機構と同様の効果を得ることができるそうです。

その他内容はこちら

音に厚みがありどっしりとして、解像度も高い重厚な音です。
キャビネットを手で叩いても音飛び、ハウリングなどは殆どありません。

明日、18日()まで試聴可能ですのでぜひ聴いてみて下さい。