MarkLevinson No.326S / No.320S 発表.

マークレビンソンフラグシップリファレンスモデルNo.32L直系のテクノロジーと、先進的オペレーション機能をワンシャーシに凝縮。新工場におけるマークレビンソン・プリアンプ新時代の幕開けを飾る最新鋭プリアンプです。

No.32Lと同じ“究極のアナログボリューム”、高精度ディスクリートアッテネーターをそのまま採用するなど、リファレンス直系にふさわしい先進のアナログサーキットを搭載。

さらに、上位モデルのNo.326Sにおいては、理想の基板素材“Arlon N-25”を採用したメイン・オーディオ回路、ハイグレードパーツを投入しています。


No326S    No320S

 

飯田橋で新製品発表会が行われました。

そこでの非公式な噂によると
今回のNo.326Sという型番は、フラグシップNo.32Lモデルと
1991年の大傑作モデルNo.26SLの両方の番号が期待も込めて与えられたとか・・。

驚異的なローノイズ特性によって、演奏者の息遣いまで見えるような鮮明なリアリティを、
今回はJBLの新型MONITOR 43384318を鳴らして確認致しました。

尚、No326S/No320S最新型電源が採用されており、従来では考えられなかった
電源一体型ながらもphonoイコライザーモジュールも用意されています。
(phonoイコライザーモジュールは別売)

No.326S以前のMarkLevinsonモデルでは、電源を別筺体にしなければ、
ノイズ面を考慮するとphonoモジュールを積むことは出来なかったということだそうです。 

 

MarkLevinson NO326SNO532H集中試聴中  2017/1

MarkLevinson 新製品 No534No519  2016/12

JBL次世代フラグシップ・モデル4367WX試聴会    2016/4

REFERENCE PREAMPLIFIER No 52 試聴会    2013/7
Mark Levinson REFERENCE PREAMPLIFIER No 52 発表     2013/3
2012年 7月のマークレビンソン& JBL試聴会     2012/7
7月の試聴会1  マークレビンソン& JBL     2011/6
JBL 4365入荷    2011/2
MarkLevinson No.326S / No.320S 発表.    2004/9

JBL ハーマンインターナショナル

本日の試聴室 2018.9.16
ハーマンインターナショナル株式会社の修理サービス体制がかわります。2017/12
JBLスペシャルエディションモデル「4312SE」発売   2016/11
ハーマンインターナショナル株式会社製品 価格改定値下げ   2016/10
JBL次世代フラグシップ・モデル試聴会 4367WX  2016/4
2015年最終 JBLキャンペーン!!  2015/12
JBLキャンペーン  2015/7                       

ボブ・ジェームス クリスタル CD発売   2012/9
JBL 新フラッグシップモニター「4365」試聴会ご案内  2011/2
アキュフェーズ・フェア 1ヶ月 打ち抜き企画  2009/4

ハーマンインターナショナル最新製品の説明会  2017/11
最近、中級システムが好調です。 2018/11
JBLparagon 納品いたしました   2018/11
Jazz cafe エル・エヴアンスさんに納品させていただきました。2015/5
なりすましサイトにはご注意!   2014/1
JBL オリンパスLE-15A 張替え作業   2014/1
オーディオルーム改善   2013/6
ビンテージ・システムでモノラルLPを聴く 2013/7
Project K2 S5500 修理完了  2013/6
JBL 「S-4700」聴けます   2012/3
JBL 4365入荷   2011/2
JBL 4429試聴   2009/12
S-9800バージョンアップ  2008/3