よいものは良いですね

前回のmac-ブログ記事で 
Apple AirMac Express などもご紹介いたしました。

最近は
HiFiオーディオの技術進化ももちろんありますが、
デジタルの世界やネットでの変革は当然のように速いですね・・

早い方は一年もまえから音楽配信サービスTIDALの話題とかも話されているようです。

HiFiオーディオではエントレックの擬似アースなども話題になってきています。(専門誌の特集の影響でしょうか)
当店にも試聴機をご希望のお馴染み様がいらっしゃいました。


さて当店サウンドマックでの今日のお話は・・

Goldmundのパワーアンプ テロス200Aを納品させていただきました。

avantgardeご使用の古くからのお馴染み様にUSED品で販売させて頂いたものです。

納品まえに最終テストで3時間エージング&試聴をいたしました。



当店もその昔リファレンスで27、28を展示していましたが

MONOアンプを試聴するのは当時ステラボックスさんに来て頂いたフルGoldmund 試聴会以来です。


通電して直ぐには「あれっ、何だ・・」という音で、

「こんな音の感じだったかな?・・」でしたが

30分鳴らした頃から俄然よくなってきました。


試聴の終わり頃には別次元で鳴っていました。

やはりよいものは良いです。

特に一世を風靡したもの(ブランド品)はコンディションさえ良ければやはりすばらしいです。

音の風合いは
海外製のHi-end製品のそれです。

特にスイス製に共通した音色

誤解を恐れずに例えれば
スイス CH Precision や、やはりスイスのFM ACOUSTICSなど

に肌触りが似ています。

古くはスイスフィジックスも・・
エンジニアが上の方で持ち回りしているんではないかと思うくらい似たところがあります。

ヨーロッパではREVOXやSTUDERを同じ工場で製造していたり
西ドイツ製といっても工場がスイスだったりもします。

Telos200Aはモノラル・アンプですので当店リファレンスだったステレオ28よりも
さらに彫が深く凄みのある再生音でした。

厚みもあって音の粒子も細かくなっている印象です。

購入されたオーナー様は
以前にもGoldmundのプリ、パワーを使用されていたのですが、

納品後の音のご感想は
「以前の Goldmundと大分音が変っていて、まえの音(音場?)全体に艶がかかっている印象から
音(音像?)と音の間の空間に艶が乗るようになっていた。エージングには3時間くらい欲しい。」そうです。

こう聞いても「そうですか・・(;^_^A」というしかなかったのですが・・


このTelos200Aは 発売当時価格は1,995,000円(Pair税込)、

現在は後継機種Telos250+に変っていて価格はなんと7,668,000円(Pair税込)です。


私も(胸張って)Telos250+は未だ聴いたことはございません!




最後に
テストしたときに鳴らしたプリアンプはESOTERIC C-03X

CDプレーヤーは写真奥中央最上部の
ギリスMyryadのZ210   メーカー希望価格¥219,000税別でした。

重なっている下はMyryad製プリメインZ240   メーカー希望価格¥244,000税別
です。

(トーレンスやREVOXも輸入されている㈱イースタンサウンドファクトリーさん扱いです。)



スイス CH Precision 参考スナップPrecisionC1


GOLDMUND製品 価格改定  2015/2

トライオード TRX-M845 試聴会開催 2012/5  

2014新春 第一弾!アキュフェーズ DP-720 試聴会