アキュフェーズ創立50周年記念の第3弾モデル 「DP-1000/DC-1000」発売

アキュフェーズ創立50周年記念の第3弾モデルとなる「DP-1000/DC-1000」発売。

ご予約承り中        2021年8中旬発売

純A級ステレオプリメインアンプ「E-800」、

プレシジョンステレオプリアンプ「C-3900」に次ぐ、創立50周年記念第3弾モデル。

DP-1000/DC-1000は、セパレート型SA-CD/CDプレーヤーのフラッグシップモデル。

DP-1000

メーカー希望小売価格 1,250,000円  (税込み価格1,375,000円 ) 

 

重量級ドライブメカに大型化した超重量級ブリッジを採用。

CDよりデーターの記録密度が高く、高速で回転するSA-CDの読み取り動作では、回転体の振動や外部から伝わる振動の影響を抑える必要性があります。

DP-1000のSA-CD/CDドライブは、アルミニウムを切削加工したボトム・プレート、固定フレーム、メカニカル・ベース、ブリッジなどのパーツで構成され、その重量は11Kgに達します。

このSA-CD/CDドライブを筐体中央の低い位置に組み上げることで、理想的な重量バランスを実現、筐体の安定性を高めています。

また、このドライブの内部に、弾性ダンパーを介してトラバーズ・メカニズムを搭載することで、ディスク回転スピンドル・モーターや、外部から伝わる振動の影響を抑え、安定した高い精度のデーター読み取りを可能にしました。

さらに、メカニカル・ベースの平面度をミクロン単位に抑えることで、本ドライブを高い精度で組み上げ、静寂なディスク回転とディスク・トレイのスムースな開閉を実現しています。

        

▲重さ1.7Kg、最大厚さ17.5mmの押出成形したアルミニウムの切削加工の超重量級ブリッジ と押出成形したアルミニウムの切削加工に加え表面には無数の細かな凹凸で落ち着いた雰囲気を醸し出す梨地処理を施し、さらに耐摩耗性に優れた硬質アルマイト処理で表面を保護、ハイクラスなSA-CDトランスポートにふさわしい優美で精巧なデザインに仕上げました。

このディスク・トレイをデュアル・ステー構造の高精度ベアリング・シャフトで導くことにより、静寂かつスムースに移動するディスク・ローディング機構を完成させました。

      ディスクトレイ

 

▲平面度0.2mm以下(1mあたり)のアルミニウム板材を切削加工し、高い寸法精度と剛性を実現した厚さ12mm重さ3.8kgのボトムプレート。

筐体のフレーム構造も見直され、従来2ピースを組み合わせていたフレームからL字一体型化。

 

 

 

  メカニカル・ベース

 

スピンドルモーターにアウター・ロータ型ブラシレスDCモーターを新たに採用

  1. 内側に固定子であるコイルを、外側に回転子である磁石を配置しており、コイルが回転するDCモーターのように、ブラシと整流子の機械的な接触が無いため、低振動で動作音が小さく、低ノイズで耐久性や信頼性が高い
  2. 回転子が軸の外側にあるため、慣性モーメントが大きく、安定した一定の回転が得られる。
  3. 発熱するコイルが固定子であるため、モーターを搭載する基板などに効率的な放熱が可能。

▼スピンドルモーターとターンテーブルを太く短いシャフトで接続し直結の状態に近づけることでディスクの面振れを抑え、安定した読み取り動作を実現。

     

                           2種類の弾性ダンパー

ダンパーは堅いダンパー、柔らかいダンパーと共振周波数の違う柔軟性の異なる2種類を組み合わせ、防振効果をより向上。

     

対物レンズ・アクチュエーター

信号読み取り用レーザー・ピックアップには1つのレンズに発光波長655nm(SA-CD用)と790nm(CD用)の2種類のレーザー・ダイオードを配置した、1レンズ/ツイン・レーザーダイオードを搭載しました。SA-CDとCDで共用してピックアップ全体の小型化を図ることにより、SA-CD/CDの切り替え時間およびアクセス時間を短くすることができます。さらに音質を劣化させる原因の一つであるピックアップ制御用サーボ電流の変動を大幅に抑えることで、高精度な信号読み取りを実現、ディスクの情報を余すところなく引き出します。

 

       

ディジタル信号処理回路

ピックアップで読み取った信号は、RFアンプで増幅され、RFプロセッサーに入ります。
RFプロセッサーではSA-CD/CDそれぞれのRF信号よりクロック信号の抽出・同期・復調・エラー訂正処理を行ないます。

SA-CDから読み取ったDSD信号はHS-LINK伝送用ディジタル信号に変換され、
HS-LINKコネクターより2.8224MHz/1bitディジタル信号で出力します。

DP-1000/DC-1000でのHS-LINKはオリジナルのVer.1から、サンプリング周波数とビット数を拡張したVer.2規格で伝送されます。

HS-LINK Ver.2規格はLVDS(Low Voltage Differential Signaling)を採用し、DSD信号は5.6MHz/1bit(2ch)、PCM信号は384kHz/32bit(2ch)の高速伝送が可能です。

     

アドバンスドハイカーボン鋳鉄インシュレーター

アキュフェーズ・サイトDP-1000      詳細カタログpdf


DC-1000

メーカー希望小売価格 1,250,000円  (税込み価格1,375,000円 ) 

 

DC-950と同様に、ESSテクノロジー社による「MDS++方式」を採用。

IV変換回路には独自のANCCを搭載し、大振幅化後減衰させることでSN比が向上。

DSD信号は、ノイズ・シェーピングにより、可聴帯域より高い周波数に押し上げられた量子化ノイズを大量に含んでいます。DSD信号を正確なアナログ信号に変換するためには、この高周波ノイズをローパス・フィルターで除去しなければなりません。ところがDSD信号は直接ディジタル・フィルターで処理することができないため、従来のD/AコンバーターICでは、DSD信号を一旦PCM信号に変換し、その後ディジタル・フィルター入力することで高周波ノイズを除去していました。

一方、DC-1000が採用しているMDSD(Multiple Double Speed DSD)方式は、DSD信号をPCM信号に変換することなく、高周波ノイズを除去するローパス・フィルターとしての役割を果たす、画期的な回路方式です。MDSC方式では、DSD信号をFPGA(プログラム可能な論理ゲート)に入力し、1/2クロックずつタイミングの異なる8種類のDSD信号を生成します。この8種類のDSD信号をそのまま8回路並列動作の「MDS++方式D/Aコンバーター」に入力することで、理想的な完全直線位相特性のローパス・フィルターとしての役割を担わせ、可聴帯域より高い周波数のノイズを除去しながら、正確なアナログ信号へと変換します。つまりMDSD方式は、DSD/PCM変換を経ることなく、高周波ノイズを除去するローパス・フィルターとしての機能と、8並列並列「MDS++方式D/Aコンバーター」の変換誤差を打ち消す効果を兼ね備えた、画期的なD/Aコンバーターです。

MDSDの優れた性能と高い信頼性を確保する理想的なパーツ・レイアウト

MDSDの優れた性能を効果的に発揮するために、DACとI-V変換回路の距離を可能な限り短くすることで、配線パターンの悪影響を排除しました。

I-V変換回路には、プリアンプC-3900にも採用している低ノイズ・低ひずみ化技術ANCC(Accuphase Noise and Distortion Cancelling Circuit )を搭載しました。

このI-V変換回路を4回路並列駆動させ、8回路並列駆動「MDS++方式D/Aコンバーター」の大出力電流を分散処理することで、熱の集中を避け、信頼性や耐久性を確保しています。

またパワーアンプA-250の設計思想と同様に、前段に位置するI-V変換回路の出力電圧を従来よりも大振幅化し、後段のフィルター・アンプで発生するノイズの影響を相対的に低減することで、ノイズの性能を更に向上させています。

 

8回路並列駆動「MDS++方式D/Aコンバーター」                                             

本機にはD/Aコンバーターに驚異的な性能・音質を誇る「MDS++方式D/Aコンバーター」を搭載しました。MDS++方式は、⊿Σ型(デルタ・シグマ型)D/Aコンバーターを複数並列接続することで、大幅な性能改善を図った画期的なコンバーターです。図のように⊿Σ型D/Aコンバーターを複数個用意して、同じPCM信号を各コンバーターに入力、その後各コンバーター出力を加算して全体の出力とします。全体の出力では、信号成分は単純加算されますが、変換誤差には相関が無く、相互に打ち消されるため、単純加算した値よりも小さくなります。従って、信号と変換誤差の比が大きくなり、変換精度やSN比、ダイナミック・レンジ、リアリティ、高調波ひずみなど、コンバーターにとって非常に重要な特性を一挙に向上(コンバーター数をnとすると√n倍向上)させることができます。

◀原理図:ここではコンバーター数4個の図、信号出力は4倍になるのに対し、変換誤差、ノイズ、ひずみ成分は√4倍と相対的に減っていく。

本機では、8回路の高性能ハイパーストリームDAC (ES9038PRO:ESSテクノロジー社製)を並列同載させていますので、コンバーター1回路の場合に比較し、ひずみ率、雑音特性、直線性など全体の性能は約2.8(=√8)倍に向上します。なおDSD信号の場合には各コンバーターにタイミングをずらして入力することで、高調波ノイズを除去するMDSD方式のD/Aコンバーターとして動作します。 

     

ESS    ES9038PRO

IV変換回路やDAC IC周辺回路、配置を全面に見直した結果、より一層の低雑音化、低歪み化を実現。
          
 

       

デジタル入力回路                                                           FPGA_LCMXO2-640HC

フィルターアンプ回路も高性能化され、最終段を2回路並列化し、ローパスフィルター2段目回路にはANCCを採用。

強化された出力回路 新開発「Dual Direct Balanced Filter」

D/Aコンバーター出力の高周波領域には必ずイメージ・ノイズが発生するため、アナログ・フィルターで除去する必要があります。本機のアナログ・フィルターには、通過域の周波数特性が極めてフラットな5次のバターワース型LPF(Low Pass Filter)を採用し、音楽信号に影響を与えないようにイメージ・ノイズを除去しています。5次のバターワース型LPFはI/V変換回路を兼ねる1次LPFと2種類の2次LPFが直列に接続された構成になっています。弊社では出力段となる最後の2次LPFに「Direct Balanced Filter」回路を採用しています。

「Direct Balanced Filter」回路とは、ライン出力とバランス出力が負荷の影響を受けてお互い干渉しないようにするために、それぞれ独立した出力回路を設けた回路構成のことを言います。

「Direct Balanced Filter」回路では、バランス出力の-側信号を、+側信号の反転で作り出すのではなく、D/Aコンバーターの差動出力から直接作り出します。したがって、反転回路が必要なく、極めて構成がシンプルで、ひずみ率やSN比で高い性能を実現できます。また、+側と-側が対称な回路であるため、出力インピーダンスが同じになり、理想的な バランス信号を出力できます。さらに、ライン出力はバランス出力の+側と同じ回路で構成されるため、バランス出力とライン出力の音質差において理想的な出力を可能にします。

本機には「Direct Balanced Filter」回路を2回路並列で動作させる新開発「Dual Direct Balanced Filter」回路を搭載しました。この回路により、ひずみ率やSN比といった諸特性が改善、より原音に忠実な信号でプリアンプを強力にドライブすることが可能になります。また最終段アンプの発熱が軽減され、信頼度がより向上します。

       

           フィルターアンプ基板回路 1 top                               フィルターアンプ基板回路  2  Bird’s eye           

ガラス布フッ素樹脂基材

非常に低い誘電率と誘電正接をもち、高周波に優れ、耐熱性も良いので、主にマイクロ波と呼ばれるSHF帯を使用する衛星放送や高精度計測機器などに使われている「ガラス布フッ素樹脂基材」によるフィルターアンプ基板回路。

プリント基板の基材は、特に誘電率が重要です。誘電率が低いほど信号の伝搬速度は速くなり、誘電正接が小さいほど伝送損失が小さくなります。本機では銅箔面に金プレートを施し、さらに信頼性や音質の向上を図っています。

 

▲低雑音電源回路 1 top

▲低雑音電源回路 2

   

▼回路のエネルギー源となる電源のクオリティは、音質に大きな影響を与えます。本機は放熱フィン付き鋳造アルミケース入りの高効率トロイダル・トランスをディジタル/アナログに分け2個搭載しました。トロイダル・トランスは、ドーナツ状のコアに太い銅線を巻くため、インピーダンスが非常に低く、変換効率が極めて高いので、オーディオ用として優れた特性を備えています。また新たに10,000μFの大容量・高音質フィルター用アルミ電解コンデンサーを開発、ディジタル/アナログそれぞれに4個ずつ搭載することで、負荷変動に強い余裕のある電源を搭載しました。

アキュフェーズ・サイトDC-1000      詳細カタログpdf

以上 アキュフェーズ技術資料より

Accuphase DP-950 / DC-950 ご予約承り中 2016/7


2021 / 8追記:

実売のE-800と試聴機DP-1000、DC-1000、C-3900入荷。

 

「DP-1000/DC-1000」のご発注もいただいておりますが、

8月第一期ロット分は埋まっていますので、

9/末になるか・・通常は次回ロットの10月上旬だそうです。

  

  

コロナ過ではありますが、9/20頃までご試聴していただけます。

 

2021/9追記:

「DP-1000/DC-1000」ご発注ぶん第一号入荷いたしました。

*アキュフェーズ2009~     アキュフェーズ~2008   Accuphase
    アキュフェーズ総合カタログ    スナップ