アキュフェーズ DP-720 発売 製品概要

new 一体型SACDプレーヤー「DP-720」 
 
    ¥1,210,000税込み   2013年12月上旬発売

DP-720は、究極の一体型SA-CDプレーヤーとして、
いままでのSA-CD再生テクノロジーの集大成として誕生しました。

①外部振動を受けにくい筐体構造、
②高剛性・高精度のコンストラクション
③防振・制振化および低重心化ノメカ・ブロック、
④静寂でスムースなローディング機構、
⑤アルミ削り出しの高品位ディスク・トレイ
などの開発目標のもと、高精度メカニズムを一層磨き上げて完成いしました。

《SA-CD ドライブ》は総重量9.5kgにもおよぶ本体を強固なシャーシでしっかり固定、
ドライブのローディング・メカやメカ・ベースを高剛性構造とし、
逆に《トラバース・メカニズム: ディスクの回転部分とピックアップ部分が一体となった心臓部》を積極的に軽量化、ローディング・メカからフローティングさせた分離構造としました。



そして大型ブリッジ・カバーはアルミブロックからの高精密切削加工で1.4Kgもの重量級設計です。土台となるメカ・ベースに固定され強固な一体化構造体を形成しています。

DP-720ではチャッキング用マグネットにネオジムを採用、8極着磁ヨークとすることで
ターンテーブルとディスクを均等かつ強固に固定し、ディスクの面ブレを低減しました。

DP-720 はSA-CD、CDのほか、DSFファイルフォーマットによるサンプリング周波数2.8224MHz/2チャンネルDSDディスクが再生可能です。

HS-LINK端子からSA-CD、CDのデジタル出力を出力可能、DC-901などとの接続も可能です。


ディジタル 処理はDSD帯域のノイズシェーピングを実現するため
MDSD:Multiple Double Speed DSDという独創的な方式を搭載。

・可聴帯域外の信号(ほとんどノイズ成分) に対してはハイカット・フィルター
・可聴帯域内の信号に対しては、MDSと同じように変換誤差を打ち消す機能を持つ

FPGAによるディジタル演算部と絶妙な「移動平均フィルター」回路をD/Aコンバーターに組み入れた独創的な再生方式MDSDにより量子化ノイズを取り去ることができました。

「32bitハイパーストリームTMDAC」 ES9018を
8回路並列駆動させ、1回路に比較して3倍の性能向上を実現させた
『MDS++変換方式 D/A コンバーター』を搭載 。

ディジタルプロセッサー部を完全独立させ、HS-LINK、同軸、オプティカル、USBのディジタル入力端子を装備。


続々、ご予約承り中! 

DP-720に関しまして初回ロットは予定満了いたしました。
次回分は2014年1月中旬となります。 


11/28 追記

 DP-720を聴きました。



メカニズムの振動対策面、OPアンプのノイズ面、
0.0006%というひずみ率でも一部セパレートをも凌駕しようかという

ハイスペックを誇る一体型CDプレーヤー。


なんでも一日に手作業で6個しか出来ないとかいわれている
外観のパーシモン(柿)の仕上げが相変わらずすばらしい。

色と仕上げが深いです。