ACROLINKケーブル聴く

ACROLINKのインターコネクトケーブル2種類を聴く機会がありました。

いずれも新発売されたばかりの「7N-A2110Ⅲ」¥29,400(1m税込)と、「7N-A2200Ⅲ」¥25,200(1m税込)です。

  


 

写真上が「7N-A2110Ⅲ」で、下が「7N-A2200Ⅲ」です。
 

  


 

基本構造は、どちらも高純度7N銅を採用した2芯シールドタイプですが、シールドとシースに若干の違いがあるようです。

音を比較してみましたが、「7N-A2110Ⅲ」の方が中低域の抜けが良くクリアな感じで好印象です。
個人的には、¥4200(1m税込)の価格差だったら断然「7N-A2110Ⅲ」がお薦めです。

価格もお手頃!?で、コストパフォーマンスの高い製品で絶対お勧めです。

 

ACROLINK記事

ACROLINK 電源ケーブル8n-pc8100perforemante   2019/1

ACROLINK 新製品ラインケーブル7N-DA2090 SPECIALE   2014/1

ACROLINKケーブル聴く 2014/1

ACROLINK 7N-S1400Ⅲ入荷 2011/4

 

いま注目のケーブル XLR-1.0tripleC-FM   2015/1/12
zonotone 新製品 Neoシリーズ   2013/11
ortofon SPU Spirit まだ御座います!  2013/7