W杯 終戦 SME 3012Rのアーム・パイプの修理

2014年日本代表のワールド・カップは終わりました。

書くつもりはあまり無い、

といっておきながら 、前回に続けての「スポーツ・カテゴリー」です。(笑)




サポーター側も気合を入れなおして、新・八咫烏エンブレム での応援。(出勤前)

店のクローゼットをゴソゴソ探していたら・・ありました!

新(現行)・エンブレム ・ジャケット!(公式スポンサー・ソニーのジャケット)

誰も着ないのかな? 「もーらい・・ 」

やっぱり現行エンブレムでないと験が悪い・・


 
験を担いで、応援するも空しく敗退。 (験に関係なくA代表は弱い・・)

落ち込んだまま仕事開始。

 

今日はSME 3012Rのアーム・パイプの修理をお預かりしたので、パイプ交換です。

パイプ部品代金だけで54,000円します。 (2015/2/1から59,000円に価格改定)

皆さんもアームの上に物を落としたりしないようにお気をつけください。

高いですよ。

 

サッカー4年間の力み過ぎ応援で、数百本も切ったであろう

自身の毛細血管 ですが (笑)

今日は毛細血管に似てる極細敗戦( ゲッ!第一変換に・・)

今日は 極細配線を拡大鏡を使ってつなぐ作業です。

集中してやります!



交換後の写真です。


今回の作業でのハンダ材料は、ケーブル芯材の金属表面を破壊しない

ノン・ハロゲン・タイプで、吸湿性もない、純銀含有量4%のWBTの0820を使用しました。

通常ハンダは融解温度が250℃と高温ですので、0820は178℃から180℃の低温融解タイプであることも

極細ケーブルにダメージを与えない点で有利です。

仕上がりのハンダの色、艶もよさそうです。


バラバラの部品を組み上げて、できました。

テスターで導通検査。 うまくいきました。



お馴染みのオーナー様にも

音も良いし・・いい仕事じゃね・・と煽てられました。

有難うございました。


2015年3月 オーディオ製品 価格改定リスト