SME 3012Rのアーム・パイプの修理

今日はSME 3012Rのアーム・パイプの修理をお預かりしたので、パイプ交換です。

パイプ部品代金だけで54,000円します。(2015/2/1から59,000円に価格改定)

皆さんもアームの上に物を落としたりしないようにお気をつけください。

高いですよ。

今日は 配線を拡大鏡を使ってつなぐ作業です。

集中してやります!



交換後の写真です。


今回の作業でのハンダ材料は、ケーブル芯材の金属表面を破壊しない
ノン・ハロゲン・タイプで、吸湿性もない、純銀含有量4%のWBTの0820を使用しました。

通常ハンダは融解温度が250℃と高温ですので、0820は178℃から180℃の低温融解タイプであることも

極細ケーブルにダメージを与えない点で有利です。

仕上がりのハンダの色、艶もよさそうです。


バラバラの部品を組み上げて、できました。

テスターで導通検査。 うまくいきました。




2015年3月 オーディオ製品 価格改定リスト