DENON AVサラウンド・レシーバー AVR-X6400H

日本国内初のAuro-3D®対応 プレミアムAVサラウンドレシーバー

NEW AVR-X6400H 発売


Auro-3D®はソフトはまだ少ないですが
音響的に非常に圧倒的、リアルな臨場感が味わえます。

2010年から始まった​Auro-3D®ですが、
クレジットされているソフトはまだ少ないですが2014年以降のニュー・イヤー・コンサートなど
隠れAuro-3D®ソフトが結構存在しているようです。

AVR-X6400Hの入力信号インフォメーションにて確認できます。

Auro-3D®の具体的なスピーカー配置は(厳密には)従来の5.1chにプラスフロントハイト
+サラウンド(リア)ハイトの4ch、もう一つは天井(リスナーの真上)1chのスピーカーで構成されます。
これで合計13.1ch(10.1ch)となります。





ただAVR-X6400HAVR-X4400H は5.1chにプラス フロントハイトスピーカーだけでも簡易Auro-3D®を楽しめるように
ソフトが内蔵されています。

街を散歩しているコンテンツなどでは
街の圏騒音が広がり、2階の物音、空の鳥の音まで聴こえるようです。
同じ場面でも従来の5.1chだけですと高さを感じなくなり、音だけ地下街を散歩しているような感覚です。

Auro-3DRのソフトは音楽ソフトが主なようですが
Auro-3DRソフトではなくてもYouTubeなどの街散歩コンテンツを観ても期待できそうです。

Auro-3D®のフルバージョンはまだ聴いていませんが、
フロントハイトスピーカーだけの簡易Auro-3D®と通常5.1chサラウンドとの比較、
ここの線引きだけでも決定的に効果が違います。

新たな工事や配線などは大変だ・・と言われる方ににも
1セットフロントスピーカーの上部にフロントハイトスピーカーと呼ばれるものを追加するだけで
気軽にしかも大きな効果で楽しんでいただけます。CPが高いです。



上からOPPO「UDP-205」Pioneer「SC-LX701」、DENON「AVR-X6400H

>Home Theater