アキュフェーズ 新製品 A-80発売

2023秋 アキュフェーズ 新製品  A-80が発売されます。

 

CLASS -A  ステレオ・純A級パワーアンプのトップエンド・モデル

A-80  10月中旬発売  1,540,000円(税込)

 

パワーMOS FETによる10パラレル・プッシュプルのA級動作を採用し、

出力はパワーに拘り65W/8Ω、130W/4Ω、260W/2Ω、520W/1Ω のハイパワーを実現しています。

 

    

 

今回デザインも大きく変わりました。

ガラスパネルが大きくなり、中の表示のメーターの上下なども変わりました。

パネルの下のサイドパネルも精悍な印象のパネルと変わりまして、今後のデザインの指標となりそうです。

アキュフェーズの音の狙いとしては、A-300の大らかで伸びやかなイメージから

A-80は低音の力強い押し出し感を出しながら、

A級の繊細さ、音の濃さを伴って音楽を積極的に鳴らしていくという狙いだそうです。

それだけに嘗て無いほどの超大型トランスに超大容量の平滑コンデンサー特注品を採用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     背面画像▼

ディスクリート構成によるフルバランス回路を搭載した

信号入力部 基板

入力部には同一振幅で位相が反転(180度)したインバート(-)とノンインバーター(+)のバランス信号が入力され、これらの差信号を作り出すことで、同相でケーブルに飛び込むノイズ成分をキャンセルし、音楽信号のみを取り出します。

雑音性能をさらに改善するには入力段に大きなゲイン配分必要です。オペアンプでは困難であった22dB(約12.6倍)の高いゲインを割り当てる為、ディスクリート構成によるフルバランス回路とし低ノイズ化を実現しています。(入力部をオペアンプで構成していた2006年製P-7100と比較して3倍以上の入力段ゲイン配分と変化しています。)

さらに信号入力部はパワー部と切り離された信号入力部専用電源により安定動作を支えられています。   ▼

   

 

 

パワーMOS FET              

MCS+回路ドライブ段と

大電力パワーMOS FETパワー段基板と放熱器

  

 

 

 

 定格電流が非常に大きい160A、

ON抵抗が0.0016Ωと

非常に低い半導体MOS FETスイッチ

 

ダンピング・ファクター1000を実現させる

『エッジワイズ・コイル』、

電流検出を信号ラインから非接触で測る

ホール素子、半導体MOS FETスイッチなどの

スピーカー端子直結のプロテクション回路

    

 

大電力容量の大型トロイダルトランス
熱伝導に優れ防振効果の高い充填材を用い
高効率放熱構造のアルミ鋳物ケースに固着し、外部への振動を遮断

           

 

アキュフェーズで採用された

これまでの最高容量は100,000μFだそうですが

今回は71V / 120,000μF × 2 の

超大容量 特注平滑コンデンサーが搭載されています。

      

 

2023.9.5 追記:

A-80 試聴出来ました。

 

試聴機 SACDプレーヤー DP-750  プリアンプ C-2900にて

アキュフェーズSACD試聴ソフト vol.4のなかの「アランフェス協奏曲」を試聴したとき

いままで何度も耳にした「アランフェス協奏曲」だったはずですが、イントロのギターの弦の張り、解像度、

爪でひっかく感じ、そのあとの他の演奏者の立ち位置、楽器の音像などもはっきり感じ取れて、空気の透明度といい今までとは全然違って聞こえます。

先に、アキュフェーズさんから力強く・・と狙いを聞いていましたが、何枚かのCDをで聴いている全てに共通する印象では

CDがSACDスペックに聞こえる・・という印象です。(ビバルディの四季も1950年台 疑似ステレオ録音のヘレンメリルでさえ)

圧倒的な透明度で、今までノイズの中に埋もれていたであろう楽器の小さな音、擦れたりする生々しい演奏音が

ONになり浮かび上がってきて沢山の情報量を生み、演奏に常に絡んでくる・・といった印象です。

私の印象では力強さで押し出してきたというより、

全てのソースに共通する圧倒的な空気の透明度、それが生み出す圧倒的な情報量、そこから湧き出る楽しみな音楽性です。

 

アキュフェーズ技術の馬場様    

   

 

既にお馴染み様からご予約発注をいただいております(現在A-70をご使用ですが、一年も前から新型純A級ステレオアンプを首を長くして待っていらっしゃいました。)が、

今からのご発注は早くても11月末になりそうです。

 

徐々に情報を追加して参ります。

 

2023.12追記

発注していたA-80 4台のうち

2台が今年11月末に入荷いたしました。

2台納品させていただきました。

そのうちの1台のオーナー様宅で下記スナップを撮りました。

     
       
     
 お一人のオーナー様宅にて      
   

 

この写真のオーナー様の評価は

エージングもほとんど必要なく、もとのA-70と比較して上下左右に音場が広がり、

空気感もスケルトン的に見えるように、低音が圧倒的に迫力と制動感をもって、

高音はさらに細かく繊細に伸びて行き、全体に更にリアル感が増したそうです。

納品に伺った筆者は鳴り始めて十数秒で「以前より上下左右に広がった」と確認いたしました。

 

オーナー様はA-80を1台ご使用になったところで、

いつもより早く、

もう1台追加(BTLで)で使用してみたい衝動に駆られたそうです。

その際ネックになるのが下の写真2枚に映っているPS-1230電源。

「2台使用してみたいけれど、容量的にPS-1230電源1台にパワーアンプA-80を2台接続できるのか!?」という心配・・

それを伺って早速調べました。 

OKです。

パワーアンプA-80はPS-1230電源に2台使用出来るそうです! 💕

 

発注させていただいているほかのA-80  2台は2024年2月末になりそうです。

 

2023.12.12追記:

上記のオーナー様が

ほんとうに

A-80をもう1台追加発注されました。

最初はエージング無しでよく鳴る・・と仰っていましたが

ここへ来て、エージングによりまた更に透明度が日々増してきているそうです。(それは・・そうですよね)

追加の1台はBTLではなく、バイアンプで使用される計画だそうです。  

 ← 画像クリック

アキュフェーズ・パワーアンプには、

バイアンプで使用するための DUAL  MONOスイッチが装備されています。

接続方法⇒アキュフェーズA-80公式カタログpdf

 

PS-1230電源は2台接続OKということで

ほかにはTAOCのラックSAEC 電源ケーブルPL-9000 1.5m2本も同時に発注されました。

TAOCオーディオビジュアルラック ASRⅢシリーズ 通常売価 118,000円は

2023年12月もよく売れていまして、現在5セット目です。

 

A-80は本日、アキュフェーズに発注いたしましたが、

2024年2月末生産上がりに滑り込みでした。

2024年2月末生産ぶんは終わり・・ということで

次発注からのA-80は2024年5月?、6月?生産日程がまったく未定だそうです。

 

有り難う御座いました。

 

2024.2 追記:

新しくA-80のご発注がありました。

納期を確認しましたところ、やはり6月末でした。

 

2024.2.29 追記:

発注させていただいていたA-80  3台が入荷いたしました。

2023.8~12月に発注させていただいていた商品です。

3台とも無事、納品させていただきました。

 

上述させていただいていた2台目のA-80のオーナー様宅の

スナップです。

   

 

 

 

「2台使用してみたいけれど、容量的に

PS-1230電源1台にパワーアンプA-80を2台接続できるのか!?」という心配も

実際使用して見るとPS-1230メーターの「VOLT-AMPERE」のポジションで12時の真ん中付近でした。

 

オーナー様といっしょに

マーラー9 インバル東京交響楽団ライブ (SACD)

ブルックナー8 ヴァント ベルリンフィル (CD) 

を試聴させていただきました。

 

バイアンプになって「ボリュームが前回試聴ほど上がってないのかな」と思っていたのですが

実は前回よりボリュームを上がっていました。

ホールの縦軸がよく再現され、インバルの指揮中の歌声も明瞭に・・(笑)

コントラバスの低音の音圧が無理なく自然に押し出してきて、

管も弦も「これ見よがし」的な音の出方が全然無く、自然。

演奏音が圧倒的に静かになりました。

 

その中で、

マーラー9(SACD)繊細な静けさのバイオリン・ソロからの弦一斉フォルテの連続音のピークは

マーラー演奏の極致的な鳴り方でスピーカーの存在が無くなり、

サントリーホール、横浜のホールで演奏しているかのような鳴り方でした。

 

私は当店でも毎日のようにSACD盤も聴いていますが

久々にSACD盤「DSD64(2.8MHz/1bit)の大きいDSDデータ」の面目躍如だと感じました。

 

ブルックナー8 ヴァント ベルリンフィル (CD)

ヴァントといえばブルックナー、

宗教的な演奏が繰り広げられる中、終章に向かう打楽器の連打も迫力いっぱいでした。

 

ご発注いただいた皆様、長く待っていただき、有り難う御座いました。

 

2024.4追記:

新店舗にご来店いただいた上述オーナー様は

A-80 バイアンプ(A-80 2台)になったことによって

上記のように

「SACD盤(DSD64(2.8MHz/1bit)の大きいDSDデータ)と

通常CD盤のデータ差が

はっきり聞き取れるようになった」そうです。

しみじみ2台目を買ってよかった・・と仰っていました。

 

*アキュフェーズ2009~     Accuphase 公式サイト

A-80公式カタログpdf

アキュフェーズ~2008

  スナップ アキュフェーズ総合カタログ

PL-9000でブログを検索