師走の300B競演

師走の300B競演・・と申しましても、

たまたま中古品で販売済みとなりました2台の出力管300Bアンプ

山本音響工芸 / Y-300SS ⅡMelody パワーアンプ M-300BP

二人のスタッフがそれぞれ

最終音だし、バイアスチェックなどを同じテーブルで行っているところです。

何故、この狭いところで 寄り添うように・・(笑)

久々に耳にした山本音響工芸 / Y-300SS Ⅱ

元祖のWE300Bを使用しているだけあって「これがWE300Bサウンドだ・・」

とばかりの何処までも澄み切った透明度と解像力。

修理用で最悪壊れてもよい小さなスピーカーを軽快かつ力強い音でJazzを鳴らしています。

Melody M-300BP 300Bプッシュプルのパワー感、低音の迫力は流石に良いですが

Y-300SS Ⅱのチャンネルあたり球一本 パワー7.5Wだけの300Bシングル

「これは、これでいいよね・・」

「佇まいも美しいよね」と写真を撮っているときに

テストしていた他スタッフが

「なに言よーるんね(ネイティブ広島弁)」「デザインよりなにより音が良い・・音が!」とやはり高揚しながら、

アンプを磨いたり、忙しそうに動き回っていました。

彼はよほど高域中心に歯切れのよいシングル・タイプの音が好きなのだと思います。

低音の迫力と大パワー(といっても15W程度ですが)のプッシュプル(pp)・アンプか、

高域の歯切れを中心にした透明度重視のシングル・アンプで好みが分かれます。

プッシュプル・アンプ(pp)のMelody M-300BPは出力管の300Bシングル・タイプの透明度も確保して

パワーも獲るという良いところ取りの構成となっています。

たしかに音が澄み切っていると、デザインまで好く・・

 

師走にひとひねり

   300B ほのかな橙色  手を翳し

*真空管   *Melody   *コンデンサー      Vintage 

Melody    (TRN  Eastern Electric)

 

*300B

 

*山本音響工芸