ウイリアムス浩子・・MY ROOM side1

本日は
先立ってご注文いただいていたTAOCラックのお支払いと
やはり注文いただいていたCDソフトを取りにお馴染みA様がご来店されました。

A様には2週間前 プリメイン・アンプから
アキュフェーズの C-2120 、A-36に換えられたところです。

同じアキュフェーズの E-600 とどちらにしようか悩まれましたが
初めてのセパレート・アンプに挑戦されました。

結果的にはご本人様曰く「大正解」だったそうです。

CDソフトは当店でオーディオ専門雑誌をご覧になって推薦の2枚注文されたのですが、
中から1枚 「聴いて見よう」ということになり当店のシステムで試聴されました。

ウイリアムス浩子・・MY ROOM side1  2014年9月24日発売


A様にとっても初めてのアーチストで、私も存じ上げません。

ガット・ギターが鳴りはじめた瞬間、「あっ 音が良い・・通常よりゲインが高い?」と思いました。

SN比( 音楽信号 VS 背景ノイズ )が非常に高いです。

ギターとヴォーカルのみの編成ですのでマイクも最少本数で録音できるため

確かにオーディオてきには有利ですが・・

この記事を書くにあたって情報をみてみたら、

やはり音質に有利な点で最少演奏者で演出されているとか
ただマイクを最小限にしただけではなく「雰囲気マイク」とやらを加えてスタジオ・スタジオしないようにしたとか書いてあります。
(ワン・ポイント録音のリバーブ・マイクみたいな役割でしょうか?)

そしてハイレゾ 192kHz/24bit PCM録音した とあります。

たしかに音は良いし、聞いたことのある曲が気持ちよくぽんぽん流れてきます。

イメージは「木漏れ日あふれる休日の音楽」です。

ギターがアクセントで締めています。

5曲入りミニ・アルバムとはいえ¥1500 税別 はお安いのではないでしょうか

オーディオ録音的にも拘られています。

オーナーA様は完全に気に入られてウイリアムス浩子の 代表盤?「A WISH / ア・ウィッシュ」(ジャズオーディオ・ディスク大賞2013 銅賞)も即行 追加注文されました。 

10/30追記
現在 ウイリアムス浩子・・MY ROOM side3まで
リリースされていますが、
当店で お勧め高音質CDコーナーで side1 ~side3 在庫しています。

MY ROOM side1 の高音質LPも数枚在庫御座います。

*アキュフェーズ2009~   アキュフェーズ~2008   Accuphase
Accuphase 2009~記事   アキュフェーズ総合カタログ   スナップ