オルトフォン 創立95周年記念カートリッジ「SPU 95 Anniversary」発表

オルトフォン

ハウジングに木質系樹脂 さらにチタンのマイクロ・パウダーをレーザー焼成した
創立95周年記念カートリッジ new 「SPU 95 Anniversary」発表

価格¥300,000税別   ご予約承ります。

 
 

独自に開発した「SLM(セレクティブ・レーザー・メルティング)」技術を採用することが特徴。チタンのマイクロパウダーをレーザーで構成し密度を均一としたモノコックオーディオエンジンを生成することによって、ハウジングの剛性を高め、内部ダンピング効果を向上させている。
 
オーディオエンジンの駆動コイルには銀メッキを施した高純度銅線(99.9999%)を採用する。
 
磁気回路は全てチタニウムで構成した骨格で組み上げている。
 
磁気回路の中に導体性の極小シリンダーを組み込み、磁界の強さを一定に保つ技術「FSE(Field Stabilizing Element)」も採用し、SPUのハウジングは木紛末55%と混合樹脂のハイブリッド製、鳴きを抑えた柔らかく温かい自然な再生を実現。
 
純粋楕円ダイアモンド針のスタイラスチップはr/R 8/18μmで音溝両壁の凹凸を完全にトレースする。
 
カンチレバーはアルミニウムとしている。

 
適正針圧は3.0g。
出力電圧0.3mV
周波数帯域は20Hz~30kHz(±2dB)
本体質量は28g。
全世界で500個限定発売
 
国内における販売価格は30万円(税抜)。


ortfon 通常ライナップ・カートリッジ


4/12追記

昨日のアキュフェーズのイベント
同じくアキュフェーズのイコライザーアンプC-37の試聴の際ベールを脱ぎました。
初めて聴いたカートリッジの印象はやはりすばらしい!と思いました。


今までの限定品SPUとも違って、ハイテク材料を駆使されているのにもかかわらず何か懐かしさを感じさせる音です。
「SPUの音とはこうだろう」「アナログの音はこうだろう」というイメージをまったくそのまま体現させてくれる音で、期待も裏切らなくさらに洗練されていて
音決めの迷いがまったく感じられない振り切った音造りです。

SPUのなかでも更に一番太く、濃く、混ざりけ無しのピュアを貫いている感じです。
あまりにも滑らかで力強いので今回は磁気回路が変わった?(昔に戻った?)のかと・・想像させられたりもしました。(まったく検証されていない想像ですが)


ちなみに限定品ということでアナログのお好きな方からご試聴もなしで一本ご注文いただきました。
ortofon

ORTOFON SPUカートリッジ比較試聴会   2018/5
オルトフォンより新型SPUの登場です。2016/7
オルトフォン ロングトーンアームRSG309 発売   2016/2
ORTOFON オルトフォンから新・カートリッジ発表    2015/3
ortofon オルトフォンの真空管アンプをご紹介します   2012/9

大阪ハイエンドオーディオショウ     2017/11
アナログプレーヤー PD-171AL 納品     2015/3
ビンテージ・システムでモノラルLPを聴く   2013/7
ortofon SPU Spirit まだ御座います!   2013/7
アナログプレーヤーの納品に伺いました     2013/3

Acoustic Solid

ORTOFON SPUカートリッジ比較試聴会    2018/5
Acoustic Solid 新製品 新型ターンテーブル、「Solid Edition」「Solid Vintage」登場   2018/2
Acoustic Solid の最もリーズナブルなライン Solid 111にMetal仕様  2016/7
オルトフォンより新型SPUの登場です。2016/7
人気のアナログプレーヤーSolid 113System新製品 2016/1
アキュフェーズ新製品 試聴会 C-37DC-37   2015/4 
4月のイベント アキュフェーズ新製品 試聴会    2015/4
アナログプレーヤーの納品に伺いました   2013/3