因島にTADリファレンス・システム納品です。

本日は因島にTADリファレンス・システムを納品に来ました。


尾道からしまなみ海道を尾道大橋を通って向島へ、

そこから因島大橋を渡って因島へ参りました。

因島北I.Cでしまなみ海道を降りて、T(丁)字路に差し掛かったところ

右に行くと資料館「因島水軍城」の案内があります。

私どもスタッフだけでは心許ないのでご同行頂いたTADのNさん曰く

和田竜さんの 歴史小説 「村上海賊の娘」を最近読んだところ

面白すぎて最後まで一気に読み終えてしまったとか・・

村上景や琴姫のことを書いたフィクションのようですが・・

時間があったら資料館や史跡を訪ねてみたいとか・・


今日は当然 無理です。  笑

T(丁)字路を左に行きます。


実は今回のオーナー様は㈱三和ドック様で

このたび新本社屋落成されましたので、

(新本社屋の落成、おめでとう御座います。)

新本社屋にTADリファレンス・システムを導入されました。


スピーカー TAD Reference One

プリ・アンプ TAD-C600

パワー・アンプ TAD-M600

ディスク・プレーヤー TAD-D600 

DCケーブル TAD-LN0215 など他アクセサリー

ネットワーク・オーディオプレーヤー Pioneer N-70A

ラックはTAOC最新・最上位シリーズのCSR-4S-L/D ほか

ACOUSTIC REVIVE 
アコースティック・コンディショナーRWL-3 ×5台などなど


以下搬入、セッティングの模様です。



社長の寺西様ほか皆さまも集まられました。

社内報用に撮られているのかあちこちでシャッター音が響きます。














配線工事などもほぼ終わり音を出してエージングしながら調整するだけです。

鳴らしながら一番時間をかけるのは左右のスピーカーの位置や角度です。



全面窓に囲まれたフロアですが意外と音の響きや遮音も好くて音響的にも問題ないようです。

アコースティック・コンディショナーRWL-3 も効いているのだと思います。

ネットワーク・オーディオプレーヤーのアプリをWiFi動作確認するころには日が暮れてきました。

(ネットワーク・オーディオプレーヤーN-70AのDACはデジタル入力にてTAD-D600使用・・)

エージングが進んだ四日後にも最終調整に伺う予定です。

新本社屋の窓から最新施設と紹介されている7号ドックを見ると注水が始まっていました。

迫力です。