4K 8K放送に向けて

昨年12月に「8Kテレビ登場」と題しまして
当店イベントでSHARP AQUOS 8Kの新製品をご紹介いたしました。

BSと110度CSによる4K・8Kの実用放送は、2018年の12月から始まります。
➡総務省4K8K紹介動画 というのも知られて参りました。


最近直の話題としては
平昌ピョンチャン2018オリンピック パラリンピックも盛り上がってきました。

NHKの2018オリンピック中継でも視聴率の高さが皆さんの関心の高さも表してきています。

今日時点ではハーフパイプやノルディック複合、スピードスケート中距離などが終わって
これから男子、女子フィギアなどが始まります。

今回ご紹介したいのは
NHK Hybridcast(えぬえいちけい はいぶりっどきゃすと)です。

NHK の説明によりますと・・
「NHK Hybridcastは放送と通信が連携した新しいテレビサービスです。
ニュースや気象などさまざまな情報や番組に関する情報など、より便利にテレビをお楽しみいただけます。」
とあります。

実は現在NHK Hybridcastハイブリッドキャストで
4K、8Kカメラによる平昌2018オリンピック の4K Live放送(4Kはウルトラハイビジョンというタイトルで)8K Live(8Kはスーパーハイビジョンというタイトルで出てきます。)放送も行なわれています。

8K 放送をそのまま8Kで観るにはおそらく8KテレビとNHKで観るしかないのだと思いますが・・

4Kテレビで観てみましたが4K放送の画像はまあ普通で・・
普段4K動画など見慣れているので驚かなかったのですが
4Kテレビで観る8K放送はやはりフィギア会場など観ると実に綺麗で、会場に行って応援しているかのような
圧倒的な臨場感です。

8Kカメラで撮った8K放送を4Kシステムで受けて4Kテレビで観ているのですが
やはりオーディオが同じシステムでもCD 44.1kHzソースを聴くのと、
ハイレゾDSD 11.2MHzソースで聴くのとは違うのと同じなのでしょうか・・全然違います。

NHKホームページを観ても
Hybridcastハイブリッドキャストに関しては目立ったところでは紹介されていません。
やはりNHKの公共性重視という観点の配慮からだと思います。

というのもNHK Hybridcastを観るには条件のハードルがあります。

先ずインターネット回線があり、
テレビがインターネット回線につなげられて
配信動画サイトがアプリなどで観られる環境でないとご覧いただけません。

NHK Hybridcastの探し方は、
まずテレビのチャンネルをNHK BSにしていただいて
その次にリモコンの“d”ボタンを押してデーター放送画面にされると
「NHK Hybridcast」というアイコンがみえます。

「NHK Hybridcast」をクリックしてそこから入れます。
ただ、まだ実験的な試みの側面もあるのだと思います。

というわけで
これからのピョンチャンで日本選手の更なる巻き返しにも期待いたしましょう。

ちなみにSONYのインターネット回線につなげられる
アンドロイド4Kテレビも2月20日頃から
さらに魅力的なお値段となります。 

スタッフまでお問い合わせください。

 

 

018年9月4日 ソニー(株)発表のプレスリリース  2018/9 
4K 8K放送に向けて  2018/2
4Kフラグシップ・モデル KJ-75Z9D 視聴会を行います。2017/2 
本日は75インチ4Kテレビ、フロント・サラウンド・システムを納品いたしました   2017/1  
SONY 4K 85インチ体験会 を当店にて行います!   2014/8 
4KテレビとWire Worldを納品   2013/9
4K用虫メガネ(ルーペ)が届きました    2013/5
4K対応 新・ブラビア9200A 展示いたしました    2013/5

SHARP 『AQUOS 8K』AX1シリーズ3モデル発売!!  2018/10
いよいよ8K登場!SHARP AQUOS 8K   2017/12
SHARP フラグシップ 80インチAQUOSクアトロン  2012/6
LGの薄型有機ELテレビ  2018/3

ソニー関連記事           ソニー特約店

>Home Theater