ZYX カートリッジ 銀線コイルモデル Ultimate100S 登場

ZYX カートリッジ Ultimate100 160,000円税別に

初の銀線コイルモデル Ultimate100S 170,000円税別 登場

 

ZYX伝統の“100番”初の銀線コイルモデル登場!

ZYXの超定番の型番である“100番”・・・ R100 ~ R100-02 ~ Ultimate100とつながってきた一連の製品はリーズナブルな価格ながら、ZYXの基本である技術、基本となるマテリアルを使ったモデルです。ZYXでは超ハイエンド機を製品化する一方、「普通の人が普通に買える製品もリリースしなくてはいけない」いう考えからアンダー20万円の製品であるUltimate100を重要視しているのです。これまでZYXの100番モデルは6N銅線コイルを搭載したモデルのみでしたが、この度、5N銀線コイルを搭載しましたUltimate100Sが登場。従来のUltimate100のフラットな特性に加えて、鋭い低音、伸びやかな高音をプラスしたこの製品は、JAZZ・POPS・ROCKといったポピュラー系音楽のファンにもよりご満足いただける製品です。

超革新・カーボンファイバーカンチレバー

ZYXが採用したカーボンカンチレバーの素材は、直径5ミクロンの炭素繊維を1000本収束して固めたもので、その性能は驚くべきものです。まずその硬度はチタンの1.5倍でありながら比重はダイヤの1/6、重量はボロンの半分、それでありながら強度はアルミ・ボロン・ダイヤとは比較にならないほど高いという特性があります。そして何といってもその“超軽量&高強度”に加え、1000本のカーボン繊維が振動を分散するため、ボロン等従来のカンチレバー素材で起こっていた、カンチレバー金属分子内で起こっていた振動の乱反射が起こりにくく現状ボロン、ダイヤをもしのぐ夢の素材として、よりレベルの高い“ZYXリアルサウンド”を実現いたしました。

新・リアルサウンド・ドライバー

 上記、カーボンカンチレバーを採用するにあたり、従来のリアルサウンド発電からさらに完成度を高めた、新・リアルサウンド発電機構を採用。コイルの巻き方、パーツの取り付け等をさらに詰めました。

新・ポリカーボネイト筐体採用

 新製品の筐体は一見、従来品と変わりませんが、今回さらに高性能化を実現できるパーツ、設計を構成するにあたり、従来のボディから内部構造を見直し、さらに共振対策がなされたものとなり、これによりスケルトン型をもしのぐ、低ノイズ、より高い音のクリアー感を実現しました。

●発電方式:ムービングコイル型  ●出力電圧:0.24mV  ●周波数特性:10Hz-80kHz  ●チャンネルセパレーション:>30dB/1kHz  

●チャンネルバランス:<0.5dB1kHz ●使用針圧範囲:1.7~2.5g ●適正針圧:2.0g ●内部インピーダンス:4Ω ●本体自重:5.0g

■発電系:ZYXリアルステレオ発電系  ■スタイラス:マイクロリッジ  ■カンチレバー:収束カーボンファイバー  

■ダンパー:ピュアラバー  ■発電コイル:6NOFC  ■マグネット:サマリュウムコバルト  ■筐体:ポリカーボネイト   

税別標準価格  ¥170,000  高出力モデル +¥10,000  

 

 

ZYX  カートリッジ・サイト

当HP ZYX 関連ブログサイト

アナログオーディオ・サイト