ソニー 新製品 つければそこが、映画の世界-SRS-NS7

音に包まれる。新感覚。 -つければそこが、映画の世界-

ソニー  新製品 SRS-NS7  2021年10月29日発売予定

ソニーストア価格  33,000 円(税込) 
当店売価はスタッフまでご相談ください

肩にのせるだけで、映像の中に入り込んだような迫力サウンドを楽しめるワイヤレスネックバンドスピーカー

耳をふさがない形状なので長時間の映画やライブ動画視聴も快適です。ワイヤレスネックバンドスピーカーは耳元で音が広がるので隣家や周囲への配慮で大きな音を出しづらい環境でも迫力のサウンドで楽しめます。人間工学に基づいた心地よい装着感で、快適に動画視聴や音楽鑑賞を楽しめます。

 

BRAVIA XR(TM)テレビと同梱のワイヤレストランスミッターを接続し、ワイヤレスネックバンドスピーカーを接続することで、前後左右を中心とした従来のサラウンド音場に高さ方向の表現力を加えた、圧倒的な音の広がりをご堪能いただけます。5.1.2chの仮想スピーカーを作り立体音響を体感できるので、天井を含むさまざまな場所にスピーカーを設置する必要はありません。さらに、「360 Spatial Sound Personalizer」により、音場を一人一人に最適化することで、まるで映画の世界に入り込んだような臨場感あふれる「360立体音響」をお楽しみいただけます。

360立体音響とは、立体音響コンテンツを再生するためにソニーが独自に開発した「360立体音響技術」によって再現できる、より臨場感ある立体音響体験を表す名称です。360立体音響技術には、個人の聴感特性を解析し音場を一人一人に最適化する「360 Spatial Sound Personalizer」や、複数のスピーカーによって広大な音場と臨場感を創出する「360 Spatial Sound Mapping」などがあります。

 

   

  

首回り(肩)に置くだけ・・ケーブルは繋がっていません。

当店のソニー営業担当Tさんにモデルとなってもらいイメージを撮影しました。(笑)

     

ソニーBRAVIAのラインナップのなかで新型・認知特性プロセッサー「XR」を搭載しているXRJの機種のホームメニューの中には上画像の「BRAVIA core」というサイトがあり、テレビご購入者は映画コンテンツ10タイトルお好きな映画を選択して観て頂けるようになっています。この中には「Dolby Atmos(R)、ドルビーアトモス」音声搭載の映画ソフトがあり、このソフトで一番Dolby Atmos(R)効果の大きそうなソフトで視聴してみました。

SRS-NS7を肩に乗せ、映画を再生・・・

もの凄いです! 実はあまり期待して無かったのですが(笑)・・、音が画面の前面から、耳の後ろから、なんとスーパー・ウーハーが無いのにも係わらず、両肩、両鎖骨からまるで骨伝導のように重低音が響き、聞こえてきます。
さらに驚いたのは頭の左上横1~2mの耳から離れた距離から音が飛んできます!

ちょうど一週間前、「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」を広島八丁座に観にいって、商売上スピーカーの位置や数を数えていたりしたのですが、フロント両端に2台、スーパーウーハーらしきものが2台、左右両サイドにメーカー不明のスピーカーが(4~5台)× 2(左右)、リア(頭上)にはスピーカー8台という並びで結構あるな・・と思ったのですが、今日SRS-NS7をはじめて聴いた音響の印象は劇場とほぼ同じ!です。

さきほど頭の左上横1~2mの先から音が飛んでくると申しましたが、それはテレビを観ている距離での相対的距離のイメージで、これが劇場ですと頭の左上横5~6mの先から音がくる・・というイメージです。

少しネタバレが含まれますが「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」のイタリア/マテーラのシーン、「カジノ・ロワイヤル」のなかでかつて愛したヴェスパー・リンドの墓参りの後、大きな重低音のシーンがあります。SRS-NS7の音響は劇場での重低音の量と比較しますとやはり少し音量で負けていますが、あとはほぼほぼ同じだと思いました。

30年以上まえから本格的なホームシアターを販売させていただいて、施工も数え切れないほど行なわせて頂きました立場からすると・・こんな時代が来るとは・・というのが本音です。

21年前 2000年頃、JBL HC1000 周波数特性55Hz~20kHz、能率95dB、インピーダンス8Ω、サイズW955×H455×D431mm、重量62.5kg 希望価格385,000円税込みという超大型、モンスター・センター・スピーカーを当店シアタールームに常設させ、現在となりますと信じられないですが実際にもよく売れていました。

何故、このモンスター・センタースピーカーのお話をしたかと申し上げますと、幅約1m、高さ45.5cm、奥行き43.1cm 重量62.5kgもあるのでテレビ画面、若しくはスクリーン中央・下部に設置するのに苦労したからです。
スクリーンは疲れずに観やすい、そしてリアル感を出すために、出来るだけフロア下まで下げる設計をして取り付けるのですが、この大型センタースピーカーがネックになって、スクリーンの絵に係ってしまうからです。

あり得ない組み合わせですが40インチくらいのTVをモニターにしていたら完全に画面が隠れるでしょう・・
俳優の台詞などは抜群にリアルに聞こえ、全ての効果音、音楽も良く鳴るのですが、大きすぎて設置のし難さと言ったらなかったですから・・
もちろん家族みんなで映画を楽しむためには本格的なサラウンド・システムは必要なのですが、肩に置くだけで、これだけの効果! 価格も  33,000 円(税込/ソニーストア価格) ・・隔世の感がありますね。

擬似的でもあたかも劇場視聴体験ができるSRS-NS7ですが、これだけ音空間があって、重低音の迫力があって、音の波に包まれている感じなので周りの人にはどう聞こえているのだろうかと、一旦外して隣の人に体験してもらうと、あら不思議!隣で聴いていても、ほとんど大きな音や低音は聞こえてきません!隣の人が、テレビかラジオなどの音を聴いている・・そんな程度の音漏れです。

不思議ですね。この程度でしたら少し離れれば家族の人からも「うるさい!」とは言われなく一人で大音量でサラウンド音声が楽しめると思います。「AV」はやっぱりまずいと思います。オープンエア状態でまったく聞こえないことはないので・・(笑)

このような方におすすめです。

環境上「夜に映画やテレビを視聴したいのに、近所迷惑に配慮して大音量で楽しめない」方

生活上「リビングでは家族とも会話をしたいので、耳をふさぎたくない」方

サウンドバー/ホームシアターシステムに興味がある方

Dolby Atmos(R)などの効果のあるサラウンドはともかく、普通のTVの音、YouTubeなどの動画サイト、ブルーレイ再生、DVD再生も、疑似サラウンドでしたら聴くことが出来るそうです。

BRAVIA XR(TM)と組み合わせ

Dolby Atmos(R)の立体音響コンテンツを再生

2chコンテンツも立体的な音で楽しめる

さらには、個人最適化でき、”臨場感”を増した音で楽しめる

ほかのテレビでも

X-Balanced Speaker Unitをはじめとする高音質技術で高音質

ロングバッテリー・急速充電対応

スマホ/ウォークマンと組み合わせて

360 Reality Audioも楽しめる

接続の注意点
ブルートゥースで飛ばすためのトランスミッターをテレビのUSB端子に繋ぐこと、音声出力は光出力でトランスミッターに接続すること・・とありますのでご使用のテレビの端子、光出力はご確認が必要です

発売、入荷次第、常設展示いたしますのでお試しになってください。

2021 / 10 / 29 *常設展示 入荷しました!

 

*ソニー  ソニー特約店   リンク集    *スナップ    *常設展示