marantz 12シリーズが12OSEに一新。

new PM-12 OSE

希望小売価格(税抜)¥350,000

価格の制約を取り払い、限界を突き詰めたサウンドチューニング

12シリーズは、新世代のフラッグシップモデルである10シリーズPM-10 のコアテクノロジー「ディスクリートDAC(Marantz Musical Mastering)」および「電流帰還型プリアンプ+スイッチング・パワーアンプ構成」を継承しながら、10シリーズ PM-10 の半額の30万円という価格を実現するという使命を帯びて誕生しました。それゆえに、パーツの選択においてはコストと性能のバランスを常に意識することを求められました。もちろん30万円という価格において最高のパフォーマンスを実現するという前提は揺るぎないものであり、完成した12シリーズはマランツのHi-Fiコンポーネントの中核を担うにふさわしい性能を備えていました。

一方で、製品ラインアップにおける役割や価格帯という制約から解き放たれ、「12シリーズというプラットフォームに秘められた潜在能力を限界まで引き出したい」という欲求は企画・開発チームの中に強く残っており、12シリーズの発売から時を置かずしてスペシャルモデルの検討が開始されました。

外装については10シリーズ PM-10  )と同様に、銅メッキシャーシ、5mm厚のアルミトップカバー、アルミ無垢材から削り出されたインシュレーターを採用。これらはコストに大きく影響するパーツではありますが、音質面のメリットも非常に大きなものがあります。他方アナログオーディオ回路のチューニングとしては、12シリーズの音質傾向を変えることなくクオリティをアップさせるために敢えてコンデンサーの変更は行わず、抵抗をグレードの高い金属皮膜抵抗に置き換えることでS/N感の向上とより広い音場空間の再現を可能にしました。

12 OSEシリーズは、オーディオと音楽への造詣が深いユーザーが多く、世界でも有数のプレミアムHi-Fiオーディオマーケットである日本市場向けの専用モデルです。ベースモデルである12シリーズの宿す潜在能力を余すところなく引き出すことにより、さらに高められた音楽性をぜひお確かめください。


スーパーオーディオCDプレーヤー new SA-12 OSE

希望小売価格(税抜)¥350,000

価格の制約を取り払い、限界を突き詰めたサウンドチューニング

12シリーズは、新世代のフラッグシップモデルである10シリーズ   SA-10のコアテクノロジー「ディスクリートDAC(Marantz Musical Mastering)」および「電流帰還型プリアンプ+スイッチング・パワーアンプ構成」を継承しながら、10シリーズ  SA-10の半額の30万円という価格を実現するという使命を帯びて誕生しました。それゆえに、パーツの選択においてはコストと性能のバランスを常に意識することを求められました。もちろん30万円という価格において最高のパフォーマンスを実現するという前提は揺るぎないものであり、完成した12シリーズはマランツのHi-Fiコンポーネントの中核を担うにふさわしい性能を備えていました。

一方で、製品ラインアップにおける役割や価格帯という制約から解き放たれ、「12シリーズというプラットフォームに秘められた潜在能力を限界まで引き出したい」という欲求は企画・開発チームの中に強く残っており、12シリーズの発売から時を置かずしてスペシャルモデルの検討が開始されました。

外装については10シリーズ  SA-10と同様に、銅メッキシャーシ、5mm厚のアルミトップカバー、アルミ無垢材から削り出されたインシュレーターを採用。これらはコストに大きく影響するパーツではありますが、音質面のメリットも非常に大きなものがあります。他方アナログオーディオ回路のチューニングとしては、12シリーズの音質傾向を変えることなくクオリティをアップさせるために敢えてコンデンサーの変更は行わず、抵抗をグレードの高い金属皮膜抵抗に置き換えることでS/N感の向上とより広い音場空間の再現を可能にしました。

12 OSEシリーズは、オーディオと音楽への造詣が深いユーザーが多く、世界でも有数のプレミアムHi-Fiオーディオマーケットである日本市場向けの専用モデルです。ベースモデルである12シリーズの宿す潜在能力を余すところなく引き出すことにより、さらに高められた音楽性をぜひお確かめください。

 

2020/2/13 最終製品を試聴できました。

上位機種の10シリーズ(PM-10   SA-10)に肉薄するか・・というくらいの素晴らしい出来でした。

オリジナル12シリーズよりも分厚く、力強く、一番驚いたのはSN、静けさ、個々の音像が全くブレず、
フワフワしない、驚くような静寂の中から、アーチストの音がすくっと立ち上がり、そこからの音像が大きくなったり、小さくなったりしないで音楽が崩れないことです。

SA-12 OSEにはSACD/CDプレーヤーとして、久々に驚かされた出色の出来です。

 

10シリーズ(PM-10   SA-10)を得意とされている某専門店様のご意見では

10と12oseでは価格はもちろん、部品メーカーも、部品点数も違い、当然同じではない・・

とのご感想だったそうです。

もちろんそうだと思いますが、

当店の数名スタッフの試聴感想は共通して

パワーはもちろん10シリーズに譲るがSN感、バランス(聴かせ方)では

凌駕するところもある・・という感想です。

12シリーズの発売から時を置かずしてスペシャルモデルの検討・・と上記メーカー説明にありますように、
12 OSEシリーズ(PM-12 OSE    SA-12 OSEは部品ひとつ、ひとつ、例えばアンプPM-12 OSEの純銅削りだし(一層ニッケルメッキ)のRCA、スピーカー端子にいたしましても、溶かして成型したインシュレーターではなく、音質面を考慮して削り出しに拘ったインシュレーター、写真画像を注意深くご覧いただければわかる5mm厚のアルミトップ(天)カバー採用にしましても、もと30万円だった12シリーズがベースに無ければ35万円という価格設定は実現不可能なほどの贅沢なパーツ構成を5万円アップという価格が設定されているということでもCPが非常に高いモデルとなっていると思います。

 

 

 

MARANTZ関連サイト