TAD-D600集中試聴月間

TAD-D600 集中試聴しています。



ラックのなかでTAD オーディオボード TAD-ZZ011-WNに乗っているのが

400VAのトランスを内蔵している別、電源ユニットです。


お気軽にご試聴ください。          盛況のうちに終了いたしました。


このケーブルは電源ユニットから本体へ接続される
純正ケーブルなのですが


今回は別売の8N銅を使用しているTAD-LN0208 (0.8m)で繋いでおります。

¥450,000税別もするびっくりポンのケーブルです。

それだけに効果も絶大です。



クロム・モリブデン鋼使用のインシュレーター登場!2016/6 

で登場された803D3オーナーの I様に

TAD-D600 をご試聴いただきました。


試聴盤は前回と同じ「山崎ハコ」
(最近新譜が発売されました。)です。

圧倒的なリアルな鳴りっぷりで、

ほかの定番のSACDプレーヤーの影が薄くなってしまいました。

やはりこれくらいになると価格差は如何ともし難く、

たとえばA社でもセパレート・クラスを持ってこないと比較も難しいよう感じました。

もうひとつはDACチップ構成の考え方の違いもよく出てきて面白いです。

しかも
TAD-D600はDACとの相性、正確動作を優先させるため

32bit全盛の現在としてはどうってことはない24bit処理だったと記憶していますが・・


I さんも震えた・・と