検索結果

Accuphase SACD セパレートプレーヤーDP-900、DC-901発売

アキュフェーズからコントロールアンプC-3800につづく、
40周年記念モデルの第2弾

NEWSACDセパレートプレーヤーDP-900DC-901発売。


決定!! 7/10() A-46 と同時 試聴会を行ないます!      
              
プレシジョンSA-CDトランスポート DP-900


DP-800より自社開発してきたSA-CD/CDドライブの蓄積したノウハウとテクノロジーの全てを投入しディスクに刻まれたポテンシャルを、100%引き出す理想のトランスポートを目指し、次のような開発目標のもと、重量級で高剛性・高精度メカニズムが完成しました。
  1. 外部振動を受けにくい筺体構造
  2. 高剛性・高精度のコンストラクション
  3. 防振・制振化および低重心化のメカ・ブロック
  4. 静寂でスムースなローディング機構
  5. アルミ削り出しの高品位ディスク・トレイ

総質量10.7kgのSA-CD/CDドライブの、メカニカル・ベース部は、
アルミブロックを高精密切削加工により、ベース厚15mm、フレーム厚17.5mmに仕上げ、重量級で剛性の高いもの同士を重ね合わせた強固なフレーム構造で一体化しています。

同時に面と面をあわせるそれぞれのブロックは平面度を50μm以下まで高めた高精度な面補正を施し、極めて精巧な構造体を実現しました。

ディスクを回転させるモーターやピックアップなどの光学系マウント部分を司る
「トラバース・メカニズム」は積極的に軽量化し、ローディングメカから機械的にアイソレート。



信号読み取り用レーザーピックアップは1つのレンズに発光波長650mm(SA-CD用)、780mm(CD用)の2種類のダイオードを配置し、ピックアップに全体を小型化することでアクセス時間を短縮させ、ピックアップ制御用サーボ電流の変動を大幅に減らすことを可能にしました。

緩衝材には材質や形状を厳選したシリコン系粘性ダンパーを採用し、分離されて振動などの影響を受けないよう4点フローティング方式で支えています。
 

 
ディスクドライブのブリッジは、ディスクの回転や振動が外に伝わらないよう、アルミ・ブロックからの高精密切削加工で1.4kgもの重量級設計です。

ブリッジは8個の六角ボルトで土台となるメカベースにしっかりと固定されて強固な一体化構造体を形成しています。
ブリッジ形状は、ディスク回転時の空気振動や回転気流まで計算して設計されています。

ディスクトレイは、アルミ・ブロックの削出しに硬質アルマイト処理と梨地処理が施され、デュアル・ステー構造のスチール製ベアリングシャフトにより、スムースなローディングを可能にしている。
 
ドライブ部は、本体の低い位置に配置され、低重心化を図っています。
これを支えるのは、12mm厚のボトム・プレートと4つのアドバンスド・ハイカーボン鋳鉄製インシュレーター。
本体質量は、30kg。

 
再生可能ディスクは、SACD 2ch、CD。

デジタル出力として、CD専用の同軸端子のほかDSD信号も出力できる独自のHS-LINKを、それぞれ1系統ずつ備えている。
HS-LINKケーブルはDP-900に付属していますが、別売でAHDL-15(1.5m)¥21,000 特注品AHDL-30(3.0m)¥31,500も発売いたします。




プレシジョンMDSDディジタル・プロセッサー DC-901

独創的なディジタル処理、進化した「MDSD:Multiple Double Speed DSD」搭載。

DSD信号は可聴帯域を超えてから、量子化ノイズが急激に上昇するため、何らかの方法でノイズを除去する必要があります。
のディジタル処理は、超高速FPGA内のディジタル演算により、独創的な再生方式MDSD:2倍速の高精度「移動平均フィルター」回路を構成しています。

MDSD方式の大きな特徴は、D/A変換後の信号を総加算して変換誤差を極小化すると同時に、15次完全直線位相特性の優れたハイカット・フィルター機能を両立させていることです。

DC-901の「移動平均フィルター回路」は総計15個の「遅延器」と16回路の「MDS方式D/Aコンバーター」で構成されています。
入力されたDSD信号(2.8224MHz/1bit)は各「遅延器」で絶妙にシフト(遅延)された後、8個ずつ2グループに分けられた計16個のD/AコンバーターでD/A変換します。
2グループのD/Aコンバーターは、各グループを交互に動作させることで倍速化したハイカット・フィルターとして動作、それぞれ変換後の信号を総加算します。


可聴帯域の信号(ほとんどがノイズ成分)に対しては、ハイカット・フィルター
可聴帯域の信号に対しては、MDSと同じように変換誤差を打ち消す機能を持つ

一方、DSD以外のPCM入力信号は遅延回路をバイパスして、従来通り「MDS変換方式D/Aコンバーター回路」でD/A変換されます。

MDSD方式の「移動平均フィルター」回路に組み入れたD/Aコンバーターには、驚異的な性能、音質を誇る「MDS変換方式D/Aコンバーター」を採用しました。 

MDS方式は ⊿∑(デルタ・シグマ)型D/Aコンバーターを複数個並列接続することで、大幅な性能改善を図ったコンバーターです。
複数個並列接続した出力側では信号成分は単純加算されますが、変換誤差は相互に打ち消されますので、単純加算した値よりも小さくなります。従って変換誤差の比が大きくなり、変換精度やSN比、ダイナミックレンジ、リニアリティ、高調波ひずみなどコンバーターにとって非常に重要な特性を一挙に向上させることができます。
(コンバーター数を n とすると √n 倍向上させることができます。)
DC-901では8回路のコンバーターを内蔵する最新の 32bit 「ハイパーストリームTM DAC」ESSテクノロジー社製ES9018を片チャンネル 2個(計 16回路)並列動作させていますので、コンバーター 1回路の場合に比較し、全体の性能は約 4 ( =√16 )倍に向上します。


MDS方式による性能向上は、信号周波数や信号レベルに関係なく働きますので、従来の⊿∑ 型D/Aコンバーターで解消の難しかった出力信号にまとわり付く微小レベルの雑音も、同時に低減することができます。

DC-901で採用した「MDS方式」はD/Aコンバーターの電流信号を電圧信号に変換する「I-V」変換回路をディスクリートで構成し、動作をさらに改良した新しい回路となっていますので、従来のものと比較して 回路の安定度が向上し、より高い性能を発揮、音楽の静寂感と品位を一段と高めるとともに、緻密な音場描写を可能にしました。


DC-901のフィルター回路は 通過域の周波数特性が極めてフラットな 5次バターワース型アナログ・フィルターを搭載。ライン/バランス回路の干渉を防ぐため、それぞれの出力が完全に独立した構成としております。


USB(Type B)、HS-LINK、XLRバランス、同軸×2、光×2のデジタル入力。

同軸、光のデジタル出力、RCAアンバランス、XLRバランスのアナログ出力。

デジタルイコライザーDG-48と接続可能なEXTERNAL DSP端子も備え拡張可能。

リニアPCM信号は、192kHz/24ビットまでサポート(光入力のみ96kHz/24ビット)。
USB伝送は、USB 2.0 High Speed(480Mbps)に準拠。 

以上 アキュフェーズ新製品資料より
 

 

アキュフェーズ総合カタログ

Accuphase 2009~記事

PS-1230年内は難しい?

アキュフェーズ クリーン電源PS-1230
TAOC 鋳鉄粉入りハニカムコア層の棚板をもつASR II-2S-NB
ナノテック・システムズ 電源ケーブルPS8JSをお馴染み様に納品させていただきました。






オーナー様ご使用の機器は
アキュフェーズ プリアンプC-3800
アキュフェーズ パワーアンプA-70  
​アキュフェーズ トランスポートDP-900  
​アキュフェーズ ディジタルプロセッサーDC-901  
​アキュフェーズ クリーン電源 PS-1220 
スピーカー     B&W  801D
ケーブル アクセサリーなど多数です。


今回アキュフェーズ クリーン電源 PS-1230 が加わりました。


TAOC のラックASR II-2S-NB
鋳鉄粉入りハニカムコア層棚板というのがクローズアップされていますが、
組ませていただいて音質の要はアルミの柱に密着させて一体化させる
2種類の鋳鉄スペーサーの効果が大きいのかなと思いました。

セッティングさせて頂いてから、
1時間後、一日後と床に馴染んだりしながら素晴らしいエージングが進んできているそうです。



こちらはそれから5日後の当店です。
納品を待っているアキュフェーズE-650とやはり人気のアキュフェーズPS-1230です。

となりにはPansonicの81Kgのドラム洗濯機も見えます。
(家電は展示しておりませんが、オーディオのお馴染み様から頼まれるのです。
各メーカー家電も Technics  SL-1200G ほか色々扱わせて頂いております。)



画像にあるアキュフェーズPS-1230

おそらく2017年内入荷した最後のps1230だと・・

この商品担当スタッフから聞きました。

これからのご注文でしたら納期は2018/3~になりそうです。

アキュフェーズさんも只今輸出が好調なのと人気機種は国内でも生産が間に合っていないのだとか・・

 

 

試聴会直前C3850+A250集中試聴中! 2017/5

アキュフェーズ クリーン電源 PS-1230発売 2016/9

アキュフェーズ SACDプレーヤーDP-750 展示いたしました。 2018/10

アキュフェーズ SACDプレーヤーDP-560 展示いたしました。2017/4
リファレンス・プリアンプが変りました。アキュフェーズC-2850 2016/7
リファレンス・パワーが変りました。P-7300  2016/3
アキュフェーズA-70常設・展示いたしました。2014/5
アキュフェーズ最新プリアンプC-2820 展示入荷しました!  2011/12
アキュフェーズ C-2810 常設・展示入荷 致しました。2008/4

PRECISION MDSD SA-CDプレーヤー DP-750    2018/5
Accuphase DDS方式FMチューナー T-1200発売    2018/4

AB級ステレオ・パワー・アンプ P-7300  2016/2

アキュフェーズ「C-2850」 2016年6月上旬発売   2016/5
ウイリアムス浩子・・MY ROOM side1  2014/10

アキュフェーズ 電源 PS-1220 納品    2014/9
アキュフェーズ本社訪問    2013/6
アキュフェーズ新製品 C-2820E-360発表   2011/10 
公開クリニック&試聴会のご案内  2013/4

アキュフェーズ40周年記念モデル、セット納品  2013/5
アキュフェーズ40周年記念モデル、セット納品2  2014/2
アキュフェーズA-200、 PS-1220試聴会盛況でした  2012/9
2011 年末のご挨拶   2011/12
クリーン電源2台目  2011/8
まだ聴けますPartⅡ   2011/7
パワーアンプ壮観です 2013/4
今日は尾道まで納品です  2011/1
アキュフェーズ・フェア 1ヶ月 打ち抜き企画  2009/4
Hi-end 新製品 ラッシュ  2006/6

アキュフェーズ総合カタログ

Accuphase 2009~記事

 

B&W記事

B&W 803D3納品してきました。2016/7
CAV真空管アンプ「T-88」入荷    2010/7
TAOC スピーカーFC3100 常設・展示いたしました! 2009/6
TAOC FC3100 集中試聴中   2009/2

 

A-250発売記念!アキュフェーズ Top-end 試聴会

2017 6/3日(土) /4日 ()

盛況のうちに終了いたしました。有難うございました。

新フラグシップモデル純A級モノフォニック・パワーアンプ「A-250」の試聴会及び

クリーン電源「PS-1230」の体験会を開催致します。

新フラグシップモデルA-250の魅力あふれる演奏と今雑誌等で話題のクリーン電源の効果をご体験下さい。

ご来場を心よりお待ち申し上げております。


6月3日(土) 

講演時間 13:00~14:30  A-250パワーアンプ解説     
 

講演時間 15:00~16:30  クリーン電源 体験会   PS-1230、 PS-530ほか
  

6月4日()

講演時間 13:00~14:30  A-250パワーアンプ解説     
 

講演時間 15:00~16:30  クリーン電源 体験会   PS-1230、 PS-530ほか     

 
 
使用機材:C-3850A-250A-70DP-950/DC-950

DP-430DG-58PS-1230ほか 

スピーカーB&W 802D3ほか        アキュフェーズ・イベント・サイト


有料の駐車場を使用される方は当スタッフまでお声かけください。
駐車券をご用意いたしております。

明日の本番に備えて準備中





13:00~ 第一回目始まりました。 盛況です。

 
盛況のうちに終了いたしました。有難うございました。

 


本日はプリアンプ、SACDプレーヤーの納品です。  2019/2
デジタル・チャンネル・デバイダーDF-65の実力    2018/2
試聴会直前C3850+A250集中試聴中! 2017/5
PS-1230年内は難しい?  2017/12

アキュフェーズ SACDプレーヤーDP-750 展示いたしました。 2018/10

アキュフェーズ SACDプレーヤーDP-560 展示いたしました。2017/4
リファレンス・プリアンプが変りました。アキュフェーズC-2850 2016/7
リファレンス・パワーが変りました。P-7300  2016/3
AB級ステレオ・パワー・アンプ P-7300  2016/2
アキュフェーズA-70常設・展示いたしました。2014/5
アキュフェーズ最新プリアンプC-2820 展示入荷しました!  2011/12
Accuphase アキュフェーズ C-2810 常設・展示入荷 致しました。2008/4

アキュフェーズ モノラル・パワーアンプA-250   2017/3
アキュフェーズMDS CDプレーヤー DP-430発売  2017/2
アキュフェーズDP-560、 E-270、 PS-530発売   2016/11
人気パワーアンプ3機種比較試聴行っています。 2016/8
Accuphase DP-950/DC-950 ご予約承り中  2016/7
12月発売の新製品 聴けました。2015/10
アキュフェーズ「C-3850」2015年6月下旬発売   2015/5

アキュフェーズA-70展示入荷いたしました。2014/5
パワーアンプ A-70発表 2014/3
アキュフェーズ40周年記念モデル、セット納品2  2014/2
アキュフェーズ40周年記念モデル、セット納品  2013/5
8月の試聴会 ご案内 DYNAUDIO、アキュフェーズ 2013/8
公開クリニック&試聴会のご案内 2013/4
ボブ・ジェームス クリスタル CD発売   2012/9
2012年 9月のイベント予定 1   40周年記念モデル試聴会  2012/8
SACD セパレートプレーヤーDP-900DC-901発売    2011/6
アキュフェーズWEEKフェア!2010/10
クリーン電源2台目 2011/8    
まだ聴けますPartⅡ   2011/7 
アキュフェーズ本社訪問  2013/6
パワーアンプ壮観です 2013/4
今日は尾道まで納品です  2011/1

アキュフェーズ総合カタログ

Accuphase 2009~記事

Accuphase DP-950 / DC-950 ご予約承り中

Accuphase DP-950 / DC-950    2016年9月発売


詳細は・・・

DP-950                 メーカー希望小売価格 1,200,000円(税別)



総重量11.7kgにも及ぶSA-CDドライブメカ 
メカニカル・ベース部はアルミブロックを3次元高精密切削加工によりベース厚15mmフレーム厚17.5mmに仕上げ重量級で剛性の高いもの同士を重ね合わせた強固なフレーム構造で一体化しています。
同時に面と面を合わせるそれぞれのブロックは平面度を50μm以下まで高めた面補正を施されています。

DP-950 のアルミブロックを3次元高精密切削加工された​ブリッジはDP-900より全長を延長され1.4kgの重量級設計となりました。
高速で回転するディスクの回転音や振動音が外部に伝わらないように、回転時の空気振動や回転気流にまで計算された設計となっています。

SA-CDドライブメカ

8極着磁ヨーク


ディスクのチャッキングの均等化と強化・・
マグネットにネオジムを採用し8極着磁ヨークとすることでターンテーブルとディスクを均等かつ強固に固定しディスクの面ブレが低減されています。

こうした防振、制振、低重心設計による新・重量級メカニズムは
振動・共振試験と実際の試聴が繰り返されデーターを解析されることによって完成されました。



発光波長650nm(SACD用)、780nm(CD用)の2種類のレーザー・ダイオードを配置した1レンズ/ツイン・ピックアップによる高速メカニズムを搭載。
ピックアップ全体の小型化を図ることにより、アクセス時間を短くし音質劣化の原因になるピックアップ制御用サーボ電流の変動を大幅に減らすことができます。

電源のカスタム仕様の高音質フィルター・コンデンサーは合計10個を使用し容量を3,300μFから4,700μFに大幅増。

DP-950 はSA-CDやCDに加えてパソコンなどに記録したDSFファイルフォーマットによるサンプリング周波数2.8224MHz/2チャンネルDSDディスクの再生が可能です。

オリジナル・インターフェース「HS-LINK」をバージョンアップして搭載。
HS-LINK Ver.2はサンプリング周波数と量子化ビット数を拡張し、5.6448MHz/1bit 2ch  DSDおよび352.8kHz、384kHz/32bit 2ch PCMに対応した上位規格です。

「HS-LINK」接続


カタログには記載されない事項かも知れませんが
CDトレイの両側のボタンスイッチのタッチが他モデルの「少し粘る」フィーリング
から

「さらっと」したスムーズなフィーリングに改良されました。


DC-950                 メーカー希望小売価格 1,200,000円(税別) 



DSD信号を処理するのに画期的なディジタル処理、11.2896MHz(1bit 2ch DSD)対応「MDSD」(Multiple Double Speed DSD)を搭載。


可聴帯域を超えてからノイズが急上昇するDSDファイルに画期的に対応するためFPGAデジタル演算部とクロックシフト「移動平均フィルター」回路をD/Aコンバーターに組み入れ、独創的な再生方式MDSDによりノイズを取り去ることが可能な技術です。

フィルターアンプ

フィルターアンプ アッセンブリー用ガラス布フッ素樹脂



・可聴帯域外の信号に対してはハイカット・フィルター
・可聴帯域内の信号に対してはMDSと同じように変換誤差を打ち消す機能を持つ


384kHz(32bit 2ch PCM)対応の8回路並列駆動「MDS++変換方式D/Aコンバーター」
MDS++変換方式D/Aコンバーターによる性能向上は、信号周波数や信号レベルに関係なく働きますので、
従来の⊿∑型(デルタ・シグマ型)D/Aコンバーターで解消の難しかった出力信号にまとわりつく微小レベルの雑音も同時に低減することができます。
またD/Aコンバーター・チップの直近に、専用の高精度水晶発振器を配置し、マスタークロックとしてD/Aコンバーターを非同期動作させることにより、大幅なジッターの低減を実現しています。


ESSテクノロジー社製の最高性能を誇る最新のチップ
「アドバンスドハイパーストリームDAC ES9038PRO」を日本で初めて搭載しました。



ES9038PROを8回路配列動作にすることで、格段の性能向上を図ることが可能となりました。

 I/Vアンプ 


電源はトロイダル・トランス、ブロック・コンデンサーを一新しました。

トランスはディジタル・DAC部とアナログアンプ部を完全分離して搭載。
さらにアナログアンプ部は左右の巻き線独立させています。
カスタム仕様の高音質フィルター・コンデンサーは合計容量80,000μFの大容量を搭載して強力な電源部を実現しています。


ディスプレイにサンプリング周波数とビット数を表示可能としました。

-80dBまで可能な音質劣化の少ないディジタル方式のレベル・コントロール。

HS-LINK、BALANCED、COAXIAL(3系統)OPTICAL(2系統)、USBデジタル入力端子を装備。




只今、ご予約承り中!

8/2現在 1セットご予約いただいております。納期は只今ですと9月になりそうです。

8/8(月)正午前後・・当店で試聴いたします。



8/8追記:
本日 試聴いたしました。







音はどこまでも澄み渡っていて、美しいホール・トーンがスピーカーの奥に広く広がります。

エージングが進むと、
空気に溶けていくような繊細に表現される超高音から力強い深々とした超低音にまで響きわたります。

響きの魅力です。

途中楽しみに来店されていたお客様からのリクエスト愛聴盤をお掛けしましたが

伸びやかで柔らかい女性ボーカルのイントロに打楽器の打ち込みが何度か入るのですが・・
まるでアンプのインパルス性能をテストするか如くの厳しいソースのはずでしたが全くヘタることもなく歪も皆無で
こちら側に響きながら押し出してきます。

これだけ強く厳しい伴奏と同時進行で

繊細な女性ボーカルが埋もれず解像度をもって優美に歌っているのが素晴らしい。

 

 

PRECISION MDSD SA-CDプレーヤー DP-750    2018/5
A-250発売記念!アキュフェーズTop-end 試聴会    2017/5
試聴会直前C3850+A250集中試聴中!   2017/5
アキュフェーズ モノラル・パワーアンプA-250    2017/3
リファレンス・パワーが変りました。P-7300  2016/3
12月発売の新製品 聴けました。2015/10
アキュフェーズ「C-3850」 2015年6月下旬より発売    2015/5

アキュフェーズ 電源 PS-1220 納品 2014/9
アキュフェーズA-70展示入荷いたしました。2014/5
アキュフェーズ40周年記念モデル、セット納品  2013/5
8月の試聴会 ご案内 DYNAUDIO、アキュフェーズ 2013/8
公開クリニック&試聴会のご案内 2013/4
ボブ・ジェームス クリスタル CD発売   2012/9
2012年 9月のイベント予定 1   40周年記念モデル試聴会  2012/8
SACD セパレートプレーヤーDP-900DC-901発売    2011/6

アキュフェーズWEEKフェア!2010/10
クリーン電源2台目 2011/8    
まだ聴けますPartⅡ   2011/7 
アキュフェーズ本社訪問  2013/6
パワーアンプ壮観です 2013/4
今日は尾道まで納品です  2011/1

アキュフェーズ総合カタログ

Accuphase 2009~記事

Accuphase    

リファレンス・プリアンプが変りました。アキュフェーズC-2850

アキュフェーズC-2820から new C-2850へ 当店リファレンス・プリアンプが変りました。

new C-2850常設展示開始。




アキュフェーズ「C-2850」 2016年6月上旬発売 2016/5
リファレンス・パワーが変りました。P-7300 2016/3
アキュフェーズ SACDプレーヤーDP-560 展示いたしました。 2017/4
アキュフェーズA-70常設・展示いたしました。2014/5
アキュフェーズ最新プリアンプC-2820 常設・展示入荷しました! 2011/12
Accuphase アキュフェーズ C-2810 常設・展示入荷 致しました。2008/4
AB級ステレオ・パワー・アンプ P-7300 2016/2
12月発売の新製品 聴けました。2015/10

アキュフェーズ「C-3850」 2015年6月下旬より発売    2015/5
急遽!試聴会開催 M-6200   2015/3
アキュフェーズA-70展示入荷いたしました。2014/5
パワーアンプ A-70発表    2014/3
アキュフェーズ 電源 PS-1220 納品 2014/9 
Accupahse 製品 集中試聴中!DG-58  2014/9 
アキュフェーズ40周年記念モデル、セット納品  2013/5
親子二代に亘るアキュフェーズ・ファン  2013/5
アキュフェーズ40周年記念モデル、セット納品2  2014/2
8月の試聴会 ご案内 DYNAUDIO、アキュフェーズ 2013/8
公開クリニック&試聴会のご案内  2013/4
アキュフェーズA-200、 PS-1220試聴会盛況でした  2012/9

ボブ・ジェームス クリスタル CD発売   2012/9
2012年 9月のイベント予定 1   40周年記念モデル試聴会  2012/8
SACD セパレートプレーヤーDP-900DC-901発売  2011/6
7月の試聴会2 アキュフェーズ新製品試聴会  2011/7

40周年記念 フラグシッププリアンプ C-3800発表   2010/5 
アキュフェーズWEEKフェア! 2010/10
クリーン電源2台目  2011/8    
まだ聴けますPartⅡ   2011/7 
アキュフェーズ本社訪問   2013/6
パワーアンプ壮観です  2013/4
今日は尾道まで納品です  2011/1

アキュフェーズ総合カタログ

Accuphase    Accuphase 2009~記事

 

アキュフェーズ「C-2850」 2016年6月上旬より発売

アキュフェーズから
new 「C-2850」が2016年6月上旬より発売されます。  

価格は1,280,000円(税抜)




  

AAVAボリューム・マザーボード                    

 

▲PHONOイコライザー・ユニット   AD2850


C-3850同様に最上位ビット用V-I変換アンプを2パラから4パラへと強化。

▲IV変換基盤
                       

▲バランス・インプット基盤


I-V変換アンプに低ノイズのオペアンプを採用されるとともに抵抗定数に再検討が加えられ、
抵抗も低雑音タイプを採用。
結果、SN比がC-2820の111dBから112.5dBと、1.5dB改善。

 

▲ヘッドホーン・アンプ基盤               

 

▲キャパシター


サイズ W(幅) : 477 mmH(高さ) : 156 mmD(奥行) : 412 mm



ご予約承り中!!

既にC-2820からのグレードアップとしてC-2820を下取りにされ数台ご予約も頂いております。人気です。



6/6に試聴できそうですので、その際またレポートいたします。


C-2850試聴できました! 

C-3850と同じくアッテネーター表示が大きくなっています。

C-2820C-2850の外見の違いは僅かですが、内部の部品のほとんどは一新されたようです。







SN比の良さはやはり聴感でも分かりやすく、スタッフ全員の共通の意見でした。

また一枚透明度が上がったようでした。​

 

 

 

試聴会直前C3850+A250集中試聴中! 2017/5
PS-1230年内は難しい?  2017/12
アキュフェーズ SACDプレーヤーDP-560 展示いたしました。2017/4
アキュフェーズ モノラル・パワーアンプA-250   2017/3
リファレンス・プリアンプが変りました。アキュフェーズC-2850 2016/7
Accuphase DP-950/DC-950 ご予約承り中  2016/7
リファレンス・パワーが変りました。P-7300  2016/3
AB級ステレオ・パワー・アンプ P-7300  2016/2
アキュフェーズ プリメイン E-370  2016/2
12月発売の新製品 聴けました。 2015/10
アキュフェーズ 新製品 A-47    2015/7
ウイリアムス浩子・・MY ROOM side1  2014/10
アキュフェーズ新製品 試聴会 C-37DC-37  2015/4
急遽!試聴会開催 M-6200   2015/3
アキュフェーズA-70展示入荷いたしました。2014/5
パワーアンプ A-70発表    2014/3
アキュフェーズ 電源 PS-1220 納品 2014/9 
Accupahse 製品 集中試聴中!DG-58  2014/9 
OPPO JPの第一号機(当店)を納品  2013/5
アキュフェーズ40周年記念モデル、セット納品  2013/5
親子二代に亘るアキュフェーズ・ファン  2013/5
アキュフェーズ40周年記念モデル、セット納品2  2014/2
8月の試聴会 ご案内 DYNAUDIO、アキュフェーズ 2013/8
公開クリニック&試聴会のご案内  2013/4
アキュフェーズA-200、 PS-1220試聴会盛況でした  2012/9
2012年 9月のイベント予定 1   40周年記念モデル試聴会  2012/8
SACD セパレートプレーヤーDP-900DC-901発売  2011/6
7月の試聴会2 アキュフェーズ新製品試聴会  2011/7

40周年記念 フラグシッププリアンプ C-3800発表   2010/5 
アキュフェーズWEEKフェア! 2010/10
クリーン電源2台目  2011/8    
まだ聴けますPartⅡ   2011/7 

ウイリアムス浩子・・MY ROOM side1  2014/10
アキュフェーズ本社訪問    2013/6

パワーアンプ壮観です  2013/4
今日は尾道まで納品です  2011/1

 

アキュフェーズ総合カタログ

Accuphase    Accuphase 2009~記事




アキュフェーズ認定の正規取扱店バナーです。 

AB級ステレオ・パワー・アンプ P-7300

newAB級ステレオ・パワー・アンプ P-7300   ¥1,200,000 税別

 



アキュフェーズのステレオ・パワーアンプは、創業以来たゆまぬ技術の研鑽を重ね、常に世界のハイエンド市場をリードして、数々の歴史に残る製品を送り出してまいりました。
P-7300は、40周年記念モデルA-200やその技術を引き継ぐM-6200などで蓄積されたテクノロジーをさらに磨き上げ、「大幅な低雑音化」と「DF(ダンピング・ファクター)の向上」を達成しています。
出力素子の並列動作は出力電流を大きくすることができ、極めて低い出力インピーダンスのパワーアンプを実現、さらにリモート・センシングによるNFB回路の改善、《低ON抵抗MOSFETスイッチ》の採用などでスピーカーのドライブ能力を極限まで高め、超低インピーダンス負荷まで定電圧駆動を可能にしています。
この結果《ダンピング・ファクター:1,000》以上を保証、さらに入力部の並列動作とゲイン配分などの研究により、ノイズレベルの低減に成功、GAIN MAX時:125dB、GAIN -12dB時:131dBというステレオ・パワーアンプ歴代最高のSN比を実現しました。

 

右画像は入力段


片チャンネル10パラレル・プッシュプル出力段により、1Ωの超低インピーダンスまでハイパワーを実現        
 

MOS


増幅部は、低雑音のインスツルメンテーション・アンプ方式を導
より進化したMCS+回路を搭載

優れた音質と安定度を誇るカレント・フィードバック増幅回路
ブリッジ接続によりモノフォニック・アンプにアップグレード
4段階のゲイン・コントロール可能
新開発による大電力容量の大型トロイダル・トランス




リファレンス・パワーが変りました。P-7300    2016/3
12月発売の新製品 聴けました。2015/10
アキュフェーズ 新製品 A-47    2015/7
パワーアンプ A-36発売    2014/5
急遽!試聴会開催 M-6200   2015/3
アキュフェーズA-70展示入荷いたしました。2014/5
パワーアンプ A-70発表    2014/3
アキュフェーズ 電源 PS-1220 納品 2014/9 
Accupahse 製品 集中試聴中!DG-58  2014/9 
OPPO JPの第一号機(当店)を納品  2013/5
アキュフェーズ40周年記念モデル、セット納品  2013/5
親子二代に亘るアキュフェーズ・ファン  2013/5
アキュフェーズ40周年記念モデル、セット納品2  2014/2
8月の試聴会 ご案内 DYNAUDIO、アキュフェーズ 2013/8
公開クリニック&試聴会のご案内  2013/4
アキュフェーズA-200、 PS-1220試聴会盛況でした  2012/9
2012年 9月のイベント予定 1   40周年記念モデル試聴会  2012/8
SACD セパレートプレーヤーDP-900DC-901発売  2011/6
7月の試聴会2 アキュフェーズ新製品試聴会  2011/7

40周年記念 フラグシッププリアンプ C-3800発表   2010/5 
アキュフェーズWEEKフェア! 2010/10
クリーン電源2台目  2011/8    
まだ聴けますPartⅡ   2011/7 
アキュフェーズ本社訪問   2013/6
パワーアンプ壮観です  2013/4
今日は尾道まで納品です  2011/1

アキュフェーズ総合カタログ

Accuphase    Accuphase 2009~記事

アキュフェーズ 新製品 A-47

アキュフェーズ 新製品 
newA級ステレオ・パワー・アンプ A-47  税別価格 630,000円  7月下旬発売
       
 

新製品「A-47」は、上位機種で開発されたテクノロジーを基に
 
A-46」を一新、余裕の出力と放熱性に優れた外装ヒートシンクを
 
左右に配置した力強くバランスの良いサイズとともに
 
魅力溢れる音質に磨き上げた、本格的純A級ステレオ・パワーアンプです。



A-46」からの変更点

ブロック・コンデンサーの 47,000μF×2本 → 56,000μF×2本 へ
『A-70』の駆動力に近づくべく、電源コンデンサーの容量をアップ。




リレーに替わるMOSFETスイッチに更に抵抗の少ない新世代MOSFET(ON時 RDS/on=1.9mΩ)を採用

A-47はスピーカー端子までをケーブル・レスにするなど取り付け基盤のデザイン見直しとともにダンピングファクターは『A-46』の500から、600へと更に改善→A-46との比較

 




OPアンプも一新 LME4972などが採用され、高SN比を実現。

実測残留雑音はA-36 31mV、 A-46 26mV、 P-4200 23mV、に対して
A-47 18mV とすばらしい値がでています。 
(カタログに表記される保証値ではなく代表値ですので無作為、任意の一台を計った実測値です。)

保証値のSN比はA-46 115dB に対してA-47 116dB と1dB違いですが
やはり代表値ですと117.3dB に対して120.5dB と大きく向上しています。

あと歪率のデーターはここでは掲載できませんが、ノイズの少なさも相まって
実質使用時 1.5Wにおいて0.0001 に迫る特性で3倍ちかい低いデーターがでています。






音質は高SN比のデーター通りの音でA-46よりもゆったりした印象、透明な音場のなかに朗々としていてなお、ベールがきれいに取れて楽器、演奏者がはっきり見えるようです。

女性の声もリアルで艶やか、伴奏のピアノの情報量、タッチもすばらしく、何よりも弦が表現よく伸びて響きしなやかです。
(なんでもご自身でもバイオリンがご趣味で弦に造詣が深い設計者の方だそうです・・・)


A-46からのグレード・アップで数人の方からご予約頂いております。

はやくもA-70と、A-47×2台でどちらが・・?などなどと 想像してしまいます。

ご予約承り中!!

 

 
定格出力 : 45w+45w(8Ω)、90w+90w(4Ω)、180w+180w(2Ω)、360w+360w(1Ω)音楽信号負荷
BTL接続時 : 180w(8Ω)、360w(4Ω)、720w(2Ω)音楽信号負荷
               
 ゲイン : 28dB(GAINスイッチ:MAX時 ステレオ/モノ時共に)
ゲイン切替 : MAX(28dB)、-3dB、-6dB、-12dB
ダンピングファクター : 600
S/N : 116dB(GAINスイッチ:MAX時)、121dB(GAINスイッチ:-12dB時)
サイズ : W465mm*H211mm*D464mm
重量 : 32.1kg(1台)
 


7/17  ご予約分入荷

2015/11追記
アキュフェーズさんに聞くとA-47は意外に出足はゆっくりとのお話でしたが
当店では今のところ順調に推移しています。 

 


40周年記念 フラグシッププリアンプ C-3800発表  2010/5 

12月発売の新製品 聴けました。2015/10
急遽!試聴会開催 M-6200   2015/3
アキュフェーズA-70展示入荷いたしました。2014/5

アキュフェーズ 電源 PS-1220 納品 2014/9 
Accupahse 製品 集中試聴中!DG-58  2014/9 
OPPO JPの第一号機(当店)を納品  2013/5
アキュフェーズ40周年記念モデル、セット納品  2013/5
親子二代に亘るアキュフェーズ・ファン 2013/5
アキュフェーズ40周年記念モデル、セット納品2  2014/2
8月の試聴会 ご案内 DYNAUDIO、アキュフェーズ 2013/8
公開クリニック&試聴会のご案内 2013/4
アキュフェーズA-200PS-1220試聴会盛況でした  2012/9
2012年 9月のイベント予定 1   40周年記念モデル試聴会  2012/8
SACD セパレートプレーヤーDP-900DC-901発売  2011/6
アキュフェーズ新製品 PS-1220A-46発売    2011/5
7月の試聴会2 アキュフェーズ新製品試聴会  2011/7
ボブ・ジェームス クリスタル CD発売   2012/9
アキュフェーズWEEKフェア!2010/10
クリーン電源2台目 2011/8    
まだ聴けますPartⅡ   2011/7 
アキュフェーズ本社訪問  2013/6
パワーアンプ壮観です 2013/4
今日は尾道まで納品です  2011/1

アキュフェーズ総合カタログ

Accuphase    Accuphase 2009~記事

アキュフェーズ「C-3850」 2015年6月下旬より発売

アキュフェーズから
創立40周年記念プリアンプ「C-3800」の後継機種となる
new 「C-3850」が2015年6月下旬より発売されます。

価格は1,800,000円(税抜)



独自のAAVA方式ボリューム・コントロールを2回路平衡駆動とした「Balanced AAVA」搭載。

   

 




AAVAの強化ポイントとして、V-I変換アンプの1番ステージを新たに4パラレル化。
C-3800の最上位は2パラレル)。
2番ステージもC-3800に引き続きパラレル構成とし、左右合計40基のV-I変換アンプを搭載。
C-3800は36基)。

 

▲IV変換アンプ                                 

▲VI変換アンプ

      
これにより電流量を増加させて低インピーダンス化し、さらに高性能な演算増幅器を多数採用することで、さらなる低ノイズを実現。
定格出力時のS/N比は、C-3800の113dBに対して、C-3850では115dBまで向上。

 

▲OPA-1602                       

 

▲LT1128

超低ノイズ・高精度・高速オペアンプ 一般品の20倍程度ともいわれる非常に高価なものです。

これらのOPアンプはご覧のようにVI、IV変換基盤が多いため40個くらい使用されています。



 

上写真:ブロック・コンデンサーはあらたに試作品を試聴比較した結果、C-3800使用品とは変更されました。
比較サイト




上写真:のマザーボードの中央に電源トランスが配置されるのですが、真下の基盤にはオレンジ色のリレーが無くなっています。
これは微細なノイズの影響も避けようと実装配置が変更された部分です。( 比較サイト



消費電力は55W。最大外形寸法は477W×156H×406Dmm、質量は25.0kg。


6/4 追記

C-3850を聴くことができました。

上がC-3850  下がC-2820ですが 
二機種ともC-3800に対してLEDが文字の下に表示されます。
C-3850はボリューム左のアッテネーター表示が大きく見やすくされています。



C-3800の音質の第一印象は音が全体域で締まっている。と以前書いた覚えがあります。


C-3850の第一印象は
とにかく立ち上がり、立下りスピードの速さと強さです。
小さなタッチもすべて再現されるピアノが特に印象的で聴いていて、
20分くらい経過したころから奥行き ズドーン、聞いていた2dBのSN改善 が目に見えてきました。
ソフトな繊細感も包み込みます。

エージングもこれからまだという感じでしたが、すでに片鱗どころか魅力全開です。


7/17

ご注文があって納期を確認したところ、今日時点で10月になってしまうとのことです。

11/28

11月はじめまで、ご予約分数台納品が済みましたが、今日現在では即納可能となっています。



40周年記念 フラグシッププリアンプ C-3800発表  2010/5 

12月発売の新製品 聴けました。2015/10
急遽!試聴会開催 M-6200   2015/3
アキュフェーズA-70展示入荷いたしました。2014/5

アキュフェーズ 電源 PS-1220 納品 2014/9 
Accupahse 製品 集中試聴中!DG-58  2014/9 
OPPO JPの第一号機(当店)を納品  2013/5
アキュフェーズ40周年記念モデル、セット納品  2013/5
親子二代に亘るアキュフェーズ・ファン 2013/5
アキュフェーズ40周年記念モデル、セット納品2  2014/2
8月の試聴会 ご案内 DYNAUDIO、アキュフェーズ 2013/8
公開クリニック&試聴会のご案内 2013/4
アキュフェーズA-200PS-1220試聴会盛況でした  2012/9
ボブ・ジェームス クリスタル CD発売   2012/9
2012年 9月のイベント予定 1   40周年記念モデル試聴会  2012/8
SACD セパレートプレーヤーDP-900DC-901発売  2011/6
7月の試聴会2 アキュフェーズ新製品試聴会  2011/7
アキュフェーズWEEKフェア!2010/10
クリーン電源2台目 2011/8    
まだ聴けますPartⅡ   2011/7 
アキュフェーズ本社訪問  2013/6
パワーアンプ壮観です 2013/4
今日は尾道まで納品です  2011/1

アキュフェーズ総合カタログ

Accuphase    Accuphase 2009~記事

アキュフェーズ 電源 PS-1220 納品

本日はPS-1220 納品いたしました。

お馴染み様のところですが、

この方もアキュフェーズ ファン の方で

ここ何年かでも

C-3800DP-900DC-901P-7000 などなど

6月にも
A-70 をお求めいただいたところです。

スピーカーはB&W Nautilus801 
ウーハーとキャビネットが大きいスピーカーです。(二階に上げるのは結構大変でした。) 

PS-1220 →ps-1220関連記事  は発売当時から

人気商品で当店での爆発的なヒット・モデルのひとつですが、ここへきてまた需要が盛り上がっているようです。 


お客様のご意見を集約すると

時間によってステレオの鳴りが変わって困るということです。

特に休日の夕方は急に悪くなるとか・・ といったことで導入動機にされるようです。


この日、 PS-1220を入れていない状態で30秒ほどシンフォニーが鳴っていました。

その音を意識して記憶して・・

セットして パワーアンプを除くC-3800DP-900DC-901 の3機種を電源から取って見ることになりました。

鳴り始め「マーラー」から ・・

6秒 で効果が認められました。

すごい 先ほど鳴っていた時は重低音の低い部分を引き摺っていた感じで、逆に低音の高い周波数、中低音が強調されていたような・・

Nautilus 801 の実力から考えると物足りないような

低い周波数に壁があって重低音に下がる部分で留めている感じでしたが

PS-1220 が入って重低音が「スコーン」と底に抜けました。


耳で聴いているというよりも見える感覚です。

低音倍音が801 のセッティング位置より下にしかも奥にステージが広がりました。

そのステージも空気清浄機が効いてるがごとく透明度が高く、ほこりっぽさがなくなります。



PS-1220 は何度も試聴会でデモしておりますが

このようなハッキリした効果はオーナー様宅ならではです。

電話音だったり、空調音だったり、人の会話だったり、車の騒音など 当店では絶対的SNの点で無理があります。


オーナー様と同時体験でエージングの変化も楽しまさせて頂きました。

20分くらいから弦が積極的に鳴り始めました。

PS-1220のメーターによるとオーナー様宅では この時間は

電圧103V→改善100V、ひずみ率は3%→改善 約0%くらいでした。

このメーター画像は別の機会、「PS-1220まだ聴けますPartⅡ  」での参考画像です。


「マーラー」の後

「ブラームス」交響曲第1番、第3番ヴァント&北ドイツ放送交響楽団 を聴かせて頂きました。

ブラームス交響曲第1番 ヴァントというと個人的に シカゴ交響楽団を客演したときの演奏は熱気があって良いと思っていましたが

やはり常任である北ドイツ放送交響楽団はさらに洗練されていましたね。


特に「第1番」の冒頭部分はかつて誰の演奏からも聴いた事のないほどのテンポの速さにびっくりしましたが、

速いテンポのなかでの色彩感のある荘厳さがすばらしかったです。

(ほかのコンポ・システムでもこの様に再生してくれるのでしょうか!?・・)


PS-1220メーターについて詳しく →mac-roomクリーン電源記事 



10/1追記

上記 「特に休日の夕方は急に悪くなるとか・・」
とご意見をご紹介いたしましたが、オーナー様が土曜日の夕方 
メーターでひずみ率 をリアルに観察されたそうです。

18時くらいから3%からさらに悪くなって4%くらいになったそうです。

4%→約0%に クリーン電源ON


もうひとつ
不思議な現象があったのは
オーナー様がパワーアンプ A-70 もPS-1220 ON で
使用してみようとPS-1220の出力コンセントから
有名ブランド電源ケーブルを挿して延長してみたところ、
ひずみ計が振り切れたとのこと・・
容量は十分でいまのところ原因がはっきりしていないので
電源ケーブルブランドなども控えておきます。

挿した電源ケーブルのシールドが弱くて
ノイズを拾うアンテナ効果に なったとか考えられますが
接続するケーブルの良し悪しによっても歪率が大きく変化するようですね。


追記2015/2

またまたオーナー様からのご報告なのですが
PS-1220を入れていただく前、
実は「EXTONのCDソフトの二枚が時々一瞬音飛びする」と聞いていたのですが・・(原因分からず)

PS-1220が入ってから一度も症状が起きていないそうです。(原因分からず)不思議ですね

何かパルス系のノイズでも入っていて「悪さ」をしていたのでしょうか・・(根拠のない想像です) 

 

 
DP-720 常設展示いたしました。2014/12
DP-720 発売 製品概要   2013/10
アキュフェーズ プリメイン E-370    2016/2
ウイリアムス浩子・・MY ROOM side1  2014/10
2011 年末のご挨拶   2011/12
急遽!試聴会開催 M-6200   2015/3
アキュフェーズA-70展示入荷いたしました。2014/5

12月発売の新製品 聴けました。2015/10

アキュフェーズ「C-3850」 2015年6月下旬より発売    2015/5
8月の試聴会 ご案内 DYNAUDIO、アキュフェーズ 2013/8
公開クリニック&試聴会のご案内 2013/4
2012年 9月のイベント予定 1   40周年記念モデル試聴会  2012/8
40周年記念 フラグシッププリアンプ C-3800発表  2010/5 
SACD セパレートプレーヤーDP-900DC-901発売  2011/6
7月の試聴会2 アキュフェーズ新製品試聴会  2011/7
アキュフェーズWEEKフェア!2010/10
アキュフェーズ 電源 PS-1220 納品 2014/9
Accupahse 製品 集中試聴中!DG-58  2014/9
OPPO JPの第一号機(当店)を納品  2013/5
アキュフェーズ40周年記念モデル、セット納品  2013/5
親子二代に亘るアキュフェーズ・ファン 2013/5
アキュフェーズ40周年記念モデル、セット納品2  2014/2
アキュフェーズA-200、 PS-1220試聴会盛況でした  2012/9
クリーン電源2台目 2011/8
まだ聴けますPartⅡ   2011/7
アキュフェーズ本社訪問  2013/6
パワーアンプ壮観です 2013/4
今日は尾道まで納品です  2011/1
アキュフェーズ・フェア 1ヶ月 打ち抜き企画 2009/4

アキュフェーズ総合カタログ

Accuphase 2009~記事